東京23区・市町村の住みやすい街、住みたくない街ランキング


日の出が似合う街

その街に住み続ける。それとも引っ越す。はたして何人がどんな決断をしたのか、リアルなデータを元にしたランキングを紹介します。よくあるようなアンケートによるランキングではありません。東京23区・市町村のリアルな住みやすい街・住みたくない街ランキングが分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

住みやすい街ってどんな街?

住みやすい街には人が集まる

そこが住みやすい街であれば、そこの住民は引っ越すことを考えません。また街の雰囲気が良い・自治体のサービスが良いなど暮らしやすい街であれば、他の地域の人が引っ越してきます。つまり人口が増えていきます。

住みやすい街の定義は人それぞれあります。家賃相場が安い、会社に通いやすい、治安が良い、一人暮らしに便利、家族で生活しやすいなどさまざまです。しかしどんな理由にせよ、多くの人が住みやすい街と感じる地域には人が集まってきます。

東京都 総務局 統計部では東京都の統計で市区町村ごとの人口増減を発表しています。このデータを元に人口が増加している街=住みやすい街であるとしてランキングします。

住みやすさランキングで使うデータ

人口の増減に関わる要素は2つあります。

1つめは、人が産まれたり死んだりすることによる人口の増減(自然増減)です。これはそこが住みやすい街かどうかとは関係なく起こることです。なのでランキングには使用しません。

2つめは、引っ越しによる人口の増減(社会増減)です。これは人の意思によって起こることです。そこが住みやすい街かどうか考えたうえで意思決定していると思われます。なので住みやすさを計るデータとして使用します。

さらにその中でも東京都内から都内へ引っ越した人口のみを抽出して使用します。

東京以外から引っ越してきた人は、通学・就職・転勤など必要に迫られて引っ越してきた場合が多いと考えられます。東京のことをあまり知らない可能性が高いです。その人が選んだ街がほんとうに住みやすい街なのかは疑問です。

いっぽう都内から都内へと引っ越した人は、なんらかの意思があって東京都の中で引っ越した人です。その決断には、その街の住みやすさが考慮されていると考えられます。なのでこのデータのみを使用します。

東京の住みやすい街ランキング

調査対象期間は2011~2015年の5年間です。人口が何人増えたのか、何%増えたのか、2つの観点から人口増減をはかって住みやすい街かどうかを調べます。

5年間の人口増減平均の偏差値を「人口増減 人数」「人口増減 割合」の列に記載しています。「住みやすさ」の列は2つの偏差値の平均です。この数値をもとにランキングしています。

ざっくいうと「住みやすさ」の数字が大きいほど、多くの人が集まってくる住みやすい街だということです。平均的な街だと、住みやすさは50です。

人口増減
人数
人口増減
割合
住みやすさ
日の出町559273
中央区687270
千代田区597768
江東区735765
足立区735464
板橋区655359
東大和市566058
渋谷区605758
清瀬市545856
北区585356
東久留米市555655
狛江市545755
日野市565455
あきる野市545655
瑞穂町525654
武蔵村山市535554
小平市555354
台東区545353
世田谷区575053
港区545253
豊島区545152
荒川区535152
青梅市525152
墨田区525051
多摩市525051
葛飾区524951
東村山市514950
昭島市514950
大田区514950

日の出町

1位は日の出町です。東京23区のどの区よりも住みやすい街、日の出町。西多摩のほう、八王子の北にあります。人口2万人の小さな町ですが、実は東京都に住んでいる人がたくさん引っ越してきています。都内から引っ越してくる人で毎年250人、人口の1.4%以上も人口が増えています。

中央区

2位は中央区です。超都心の中央区。オフィス街のイメージが強いですが人口がどんどん増えています。都内から引っ越してくる人で毎年約1,000人、人口の0.8%人口、が増えています。

千代田区

3位は千代田区です。こちらも超都心です。中央区もそうですが、利便性に魅力を感じて人が集まってきていると考えられます。都内から引っ越してくる人で毎年約500人、人口の0.9%、人口が増えています。

家賃相場が高いエリアにもかかわらず人口が増えている理由の一つに、共働きがあるかもしれません。日経DUALの共働き子育てしやすい街ランキングで千代田区は4位になっています。共働きだと世帯年収が30~40%高くなるので家賃相場が高いエリアでも住める場合があります。

あわせて読みたい

江東区

4位は江東区です。巨大な再開発地域である豊洲があるので人が増えていると考えられます。都内から引っ越してくる人で毎年約1,300人、人口の0.3%、人口が増えています。

市区町村別に東京への人口一極集中の様子を見ると、江東区は東京外から引っ越してくる人も多いことが分かります。中らも外からも人が集まってきていて、東京の人口集中現象を代表するような地域だといえます。

あわせて読みたい

足立区

5位は足立区です。治安が悪いイメージがありますが、実際はそうでもない地域もあります。家賃相場の安さに惹かれて人が集まってきていると考えられます。都内から引っ越してくる人で毎年約1,300人、人口の0.2%、人口が増えています。

東京の住みたくない街ランキング

住みたくない街ってどんな街?

逆に東京の人が住みたいと思わない街はどこなのでしょうか。これは「住みやすさ」が小さい=人口増減のマイナスが大きい街であると言えます。

都内から都内への引っ越し。近い距離にもかかわらず引っ越して出ていった人が多い街だからです。住みにくい・住みたくない街と感じる何かしらの理由があったと考えられます。

東京の住みたくない街をランキングすると↓のようになります。

人口増減
人数
人口増減
割合
住みやすさ
府中市243127
新宿区263631
江戸川区224132
八王子市304236
杉並区334338
福生市453339
小金井市423740
国分寺市443941
三鷹市434242
羽村市484044
国立市474144
調布市454445
目黒区454545
町田市444645
練馬区444746
中野区464646
立川市474546
文京区474646
檜原村504447
西東京市484747
奥多摩町504648
稲城市494748
品川区494849
武蔵野市504949

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京23区 意外と住んでよかった街

東京外から引っ越してくる人が集まる街ランキングは、さきほどのランキングと傾向が大きく違います。つまり、東京外の人が「住みやすそう」と思う街と、実際に東京の人が「住みやすい」と思う街は違うのです。

東京外の人からみると住みたくない街だけど、実際に住んでいる人はその街が気に入っていて引っ越さない。そんな、東京外と東京人とでギャップの大きい街、意外と住んでよかった街 東京23区ランキングを紹介します。

東京外東京人
足立区24位5位19
板橋区19位6位13
北区23位10位13
葛飾区38位26位12
渋谷区12位8位4

1~4位まで全て、東京23区の北側にある区です。どれも東京都と埼玉県との県境にならんでいる区です。この地域は、東京外の人からみると魅力を感じづらいですが、いざ住んでみると暮らしやすい街だと感じる人が多いといえます。

東京23区の北側は家賃相場が安い地域です。にもかかわらず都心まで近くて利便性が良いです。家賃相場と利便性のバランスを考えるとお得なので、多くの東京人が住み着いていると考えられます。

知名度が高い街が少ないのも特徴です。誰しも全く知らない・どんな街かイメージすらできないような街に引っ越すのは不安です。なので実際には住みやすい街なのに、東京外の人は避けてしまっていると考えられます。

あわせて読みたい

ベスト5のなかでいちばん都心といえるのが渋谷区です。渋谷や原宿などにぎやかな場所があるので治安が心配な人もいると思います。渋谷区を3つの地域に分けて治安を詳しく解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

まとめ

実際に東京に住んでいる人が、移り住む先として選んだ街がどこかを調べました。実際のデータによって裏付けされた住みやすい街・住みたくない街がどこなのかがわかりました。

住みやすさ=毎日の生活のしやすさです。災害にあう危険性の高さ・毎日でるゴミの捨てやすさも重要です。地震の被害にあいにくい地域が分かる ハザードマップまとめ、東京23区 ゴミを出しやすくて生活しやすい区ランキングも参考になるでしょう。

あわせて読みたい

日本全体の人口が減少していくいっぽうで東京の人口は増え続けています。総務省の将来予測によると2035年 日本の人口のうち9人に1人以上が東京に住んでいると言われています。東京に住もうと考える人が今後よりいっそう増えるかもしれません。

あわせて読みたい

東京外の人からみると、どの地域がどんな街なのかイメージがつきにくいと思います。マンションくらし研究所では家賃が高いエリアを地図で分かりやすく紹介しています。また、一人暮らしで選ばれている人気の駅を具体的に紹介しています。

結婚や子育てなど将来のことをが気になっている人向けには30歳の人の貯金額平均や毎月いくら貯めているのかを紹介しています。あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

部屋探しをする人向けには、プロにおまかせして激的に楽に部屋探しができる賃貸検索サービス、賃貸サイトごとの物件数の違い・サクッと探せる方法を徹底調査・比較しています。理想の部屋・理想の生活スタイルを見るけるために参考にしてください。

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク