保険選び・見直し相談窓口どこがいい?比較ランキング・選び方・おすすめはココ!

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

保険を選びたい、見直したい!自分にぴったりのプランにしたい! でも保険は複雑で分かりづらい、、プロを頼ったほうが安心ですよね。

保険の相談窓口、どこがいいのか、口コミ評判や取り扱い数にどんな違いがあるのか、詳しく紹介します。あなたにピッタリの相談窓口が見つかります。

保険の相談方法

保険をプロに相談する方法は大きく分けて3つあります。

保険ショップ

1つめは保険ショップ、いくつもの保険会社の商品をとりあつかっている保険代理店です。あなたがお店に足を運んで相談します。

メリットは紹介してもらえる保険会社や商品の数が多いことです。多くの選択肢の中からプロがベストを選んでくれます。デメリットはお店に行かなければいけないことです。お子様連れでも行きやすいようにキッズルームがあるお店もあります。

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

訪問相談

あなたが希望する場所まで保険コンサルタントに来てもらう方法です。自宅やファミレス・喫茶店で相談するのが一般的です。

メリットはわざわざ足を運ぶ必要が無いことです。自宅に来てもらえば夫婦で一緒に相談しやすいです。デメリットはせっかく来てくれたからオススメを断りづらい・・と感じる場合もあることです。

電話・オンライン相談

電話やインターネットで相談する方法です。ネットで画面を共有しながら資料確認できる会社もあります。

メリットは自宅から気軽に相談できることです。デメリットは顔が見えないので細かなコミュニケーションが取りづらく、あれこれ聞きにくいことです。いざ申し込みとなった場合、書類の郵送を待たなければいけない場合もあります。


本記事では保険ショップについて詳しく解説します。ショップによっては訪問相談や電話・オンライン相談もやっています。どの保険ショップがおすすめか知っておけば、評判の良い会社であなたに合った保険の相談方法を探すことができます。

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

保険ショップの選び方

保険ショップの良し悪しは何で判断するべきなのでしょうか? 参考にすべきは多くの人の満足度や口コミです。

いろいろなサービスの顧客満足度を調査しているオリコン、口コミランキングを掲載している価格.com、どちらでも評価基準とされているのは提案内容接客態度店舗設備です。これをもとに保険ショップをランキングします。

口コミ・評判 比較ランキング

オリコン、価格.com、どちらのサイトでも評価されている保険ショップは5社です。2つのサイトの評判ランキングの順位平均は↓のようになっています。

総合提案内容接客態度店舗設備
保険クリニック2.0評判>>1.51.51.0
保険ほっとライン2.0評判>>2.02.02.5
保険見直し本舗2.0評判>>2.52.53.0
ほけんの110番4.0
ライフサロン5.0
出典:オリコン価格.com
作成:マンションくらし研究所
※情報が無いものは「-」で表示


保険ショップは世の中にたくさんあります。その中で複数の口コミサイトで取り上げられるほどメジャーで、しかも評判が良いのは保険クリニック、保険ほっとライン、保険見直し本舗の3つだと分かります。

なかでも評判が1番良いのは保険クリニックです。提案内容、接客態度、店舗設備すべてにおいて良いいい評判を得ています。

保険クリニックの来店予約をする

取り扱い保険会社 比較ランキング

保険の見直しで保険ショップを選ぶとき、特に重要なのは提案内容です。プロならではの目線であなたにピッタリの保険プランを提案してもらいたいですよね。

そこでポイントになるのが取り扱い保険会社の数です。保険ショップは提携している保険会社の商品しか紹介できません。取り扱い保険会社が多ければ多いほど、たくさんの選択肢の中からベストを選んでもらえます。


取り扱い保険会社の数を比べると↓のようになります。

合計生命保険損害保険少額短期保険
保険クリニック4527180
保険ほっとライン3114170
保険見直し本舗4627154
ほけんの110番4125124
ライフサロン3722132


数が1番多いのは保険見直し本舗です。生命保険、損害保険のほかに少額短期保険も扱っているのが特徴です。

少額短期保険とはその名のとおり少額で短期間だけ契約する保険のことです。保険料を毎月ずっと支払うことが無いので、あなたのライフプランに合わせて賢くお得に保険料を節約することができます。

保険見直し本舗の来店予約をする


保険会社とひとことで言っても規模や特徴は様々です。どの保険ショップがどんな保険会社と提携しているか、詳しくは↓をご覧ください。

生命保険

大手中堅外資系ネット系その他
保険クリニック427212
保険ほっとライン11408
保険見直し本舗337113
ほけんの110番327112
ライフサロン227011

損害保険

大手中堅ネット系その他
保険クリニック3537
保険ほっとライン3437
保険見直し本舗3426
ほけんの110番3333
ライフサロン3415

取り扱い保険会社一覧を詳しく見る

保険相談はなぜ無料?

無料のカラクリ

保険の相談は無料でできます。サービス料はかかりません。専門家に対応してもらうのになぜ無料なのでしょうか?

保険ショップは、保険会社との委託契約をもとに契約手続きの代行をする代理店です。複数の保険会社の委託を受けているので乗合保険代理店とも言われます。

契約が成立すると保険ショップは保険会社から手数料をもらえます。これが収入源なのであなたからサービス料をもらわなくてもビジネスが成立するのです。

例えば家電量販店、多くのメーカーの商品を取り扱っています。実は家電量販店も販売を代行する代理店です。店員に家電のことを詳しく聞くのは無料ですよね? それと同じことです。

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

しつこい勧誘されない?

保険会社からの契約手数料が収入源と聞くと心配になるのが、契約とるためにしつこく勧誘したり押し売りしたりするのでは?という事です。

結論を言うと、しつこい勧誘や押し売りは無さそうです。オリコン価格.comを見てもそのような口コミはほとんど見当たりません。理由としては、しつこい勧誘は保険ショップにとってメリットが無いからだと考えられます。

保険にはクーリング・オフ制度があり、申し込みから8日以内なら契約の取り消しができます。保険ショップの立場からすると、たとえ強引に契約をとったとしても取り消されれば手数料は入りません。また取り消しが提携の保険会社に知れてしまうので関係が悪くなります。

このような理由から、しつこい勧誘がされにくい構図になっていると考えられます。それでも不安な方は各社の勧誘方針を確認してください。

保険クリニック
保険ほっとライン
保険見直し本舗

保険の契約に関して不安がある方には金融庁の保険商品に関する相談事例とアドバイスも参考になります。

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

保険選び・見直し 相談の流れ

来店予約をする

まず来店の予約をします。ショップによっては予約無しで相談できる場合もありますが、待たされて時間がかかってしまいます。あらかじめ予約するのがスムーズです。

相談にかかる時間は1~2時間が目安です。

ライフプランや保険の相談をする

保険を見直すとは、あなたやご家族にどんな補償が必要か考えることです。病気のリスク・教育や老後の備えなどの不安、結婚・住宅の購入などの生活の変化について相談しましょう。

いま加入している保険の証券を持っていくと相談がスムーズです。生命保険、医療保険、学資保険、介護保険、火災保険、自動車保険、個人年金保険、補償が重なっていて保険のかけすぎが見つかる場合もあります。

どこまで個人情報を教えるべきか心配な方もいるでしょう。保険プランは家族構成や年齢・収入を基本情報として、あなたのライフプランを考慮して選びます。少なくとも基本情報は伝えたほうが良い提案をもらうことができます。

保険プランを提案してもらう

あなたの家族構成、年齢、収入、ライフプランにあった保険プランを提案してもらえます。保険は1度契約したら長いあいだ継続して保険料を払い続けるものが多いです。分からない点や不安に感じることがあれば納得いくまで聞いておきましょう。

複数の保険ショップに相談するとより安心できます。保険は複雑で分かりづらいですよね。セカンドオピニオンを聞くとその選択が正しいのか理解が深まったり確信が得られたりします。

すぐ契約したいと考えている方は身分証明書と印鑑をあらかじめ持っていきましょう。ご希望の支払い方法に合わせて、銀行のキャッシュカードと銀行印、もしくはクレジットカードも持っていきましょう。

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

保険ショップの上手な活用方法

保険をプロに相談するとき、ちょっとした工夫をすることでより良い結果を得ることができます。そんなコツを紹介します。

ファイナンシャルプランナーに相談する

ファイナンシャルプランナー(FP)というのをご存知ですか? お金の専門家であることを証明する資格です。保険のことだけでなく↓のようなお金に関するトータルな専門知識を持っています。

専門分野内容
ライフプランニング
と資金計画
公的年金・社会保険など
リスク管理生命保険・損害保険など
金融資産運用金融商品の仕組みなど
タックスプランニング税制など
不動産賃貸・有効活用など
相続・事業承継相続・贈与など
出典:日本FP協会


保険ショップには多くのFPがいます。普通に相談申し込みしただけでは資格のない相談員にあたる可能性があります。資格を持ったプロが相談に乗ってくれれば安心ですよね。FPに相談したいと申し出てみましょう。

複数の保険ショップで相談する

時間に余裕があればですが複数の保険ショップで相談するのも有効です。

病気の治療にはセカンドオピニオンがあったほうが良いと言いますよね。ベストな対処法を知るためには複数のプロの意見を聞くことが大切、それは保険も同じです。

とはいえ意見をたくさん聞きすぎると混乱するし労力もかかります。2社くらいが適切でしょう。A社の提案についてB社から意見をもらう。そしてB社からの提案についてA社から意見をもらう。それだけでベストな選択肢にグッと近づくことができるでしょう。

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

保険の見直し時期・タイミング

保険は未来の人生への備えです。未来が 今までの延長線とは違うものになるとき、ライフイベントが起きたときが見直しのタイミングです。

いま加入している保険、いつどうやって加入したか覚えていますか? 会社に来たセールスレディに勧められて・・という方、きちんと他社比較しましたか? 親に言われたから・・という方、親が生きてきた時代の常識、今のライフスタイルや経済状況では通用しないですよね?

保険を適切に無駄なくかけるには、あなたのこれからのライフスタイルに合わせて、最新の知識をもとに商品を選ぶことが大切です。保険を見直すべき時期・タイミングを紹介します。

就職

経済的に自立することになります。病気や入院への備えが必要になるタイミングです。

結婚

自分1人だけの人生では無くなります。病気や入院で働けなくなることへの備えや、夫婦2人トータルで考えたとき適切になるように見直しが必要になるタイミングです。

子供の誕生

長い年月かけて養うべき大切な存在が増えます。万が一死亡したときへの備えや、子供の教育費への備えが必要になるタイミングです。

マイホーム購入

住宅ローンを組むとき、団体信用生命保険へ加入する場合があります。生命保険のかけすぎを防ぐための見直しや、火災や地震など住まいを守る備えが必要になるタイミングです。

年齢的に、親の介護への備えを考える人もいるでしょう。

転職・起業

収入が変化します。収入に見合った保険プランになるよう見直しが必要なタイミングです。

子供の独立

子供が経済的に自立します。生命保険のかけすぎを防いで老後に備えるため、見直しが必要になるタイミングです。

定年退職

勤め先からの収入が無くなります。病気やケガのリスクが高い年齢でもあります。安心して老後の生活が送れるように見直しが必要になるタイミングです。

老後に備えて、若いうちから個人年金保険を検討しておくとより安心です。

災害

どこかで大きな災害が起きたとき、それは災害への備えを見直すタイミングです。災害はある日突然やってきます。万が一自分が被害にあったら・・と具体的にイメージできるときが見直しのタイミングです。

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

保険料、みんな毎月いくら払ってる?

保険料、みんな毎月いくら払っているんだろう? あなたと同じライフステージの人がどうやって家計をやりくりしているか気になりますよね。

生命保険に毎月支払っている額をライフステージごとの平均にすると↓のようになります。保険見直しのときの参考にしてください。

生命保険料
(月額)
夫婦のみ(~40歳)2.0万円
夫婦+子(乳児)2.9万円
夫婦+子(保育園・幼稚園)3.4万円
夫婦+子(小・中学生)3.4万円
夫婦+子(高校・大学生)3.9万円
夫婦+子(就学終了)3.8万円
夫婦のみ(60歳~・有職)2.7万円
夫婦のみ(60歳~・無色)2.1万円
出典:生命保険文化センター
作成:マンションくらし研究所

評判が1番良い保険ショップの来店予約をする

取扱い数1番の保険ショップの来店予約をする

まとめ

あなたにぴったりの保険プランに巡り合うにはどうすべきか、相談すべき保険ショップはどこか詳しく紹介しました。保険は未来の不確定な要素に備え、将来の人生を安定させるものです。あなたにとってベストなプランを探しましょう。

※取り扱い保険会社一覧

生命保険

保険
クリニック
保険
ほっとライン
保険
見直し本舗
ほけんの
110番
ライフサロン
大手
住友生命
第一生命
日本生命
明治安田生命
中堅
フコク生命
太陽生命
朝日生命
外資系
アクサ生命
アフラック
エヌエヌ生命
ジブラルタ生命
チューリッヒ生命
マニュライフ生命
メットライフ生命
ネット系
SBI生命
アクサダイレクト生命
その他
大樹生命
ニッセイ・ウェルス生命
ネオファースト生命
はなさく生命
メディケア生命
第一フロンティア生命
FWD富士生命
SOMPOひまわり生命
T&Dフィナンシャル生命
オリックス生命
ソニー生命
フコクしんらい生命
三井住友海上あいおい生命
東京海上日動あんしん生命

取り扱い保険会社の比較に戻る

損害保険

保険
クリニック
保険
ほっとライン
保険
見直し本舗
ほけんの
110番
ライフサロン
大手
三井住友海上
損保ジャパン
東京海上日動
中堅
AIG損保
ジェイアイ傷害火災
セコム損保
楽天損保
共栄火災
大同火災
ネット系
アクサダイレクト
アメリカンホーム保険
ソニー損保
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損保
その他
あいおいニッセイ同和損保
イーデザイン損保
セゾン自動車火災
日新火災
Chubb損保
SBI損保
アイペット損保
アニコム損保
エイチ・エス損保
STARR

取り扱い保険会社の比較に戻る

少額短期保険

保険
クリニック
保険
ほっとライン
保険
見直し本舗
ほけんの
110番
ライフサロン
SBIいきいき少額短期保険
さくら少額短期保険
ジャパン少額短期保険
プラス少額短期保険
日本アニマル倶楽部
ネットライフ火災少額短期保険
プリベント少額短期保険
ユニバーサル少額短期保険
アイアル少額短期保険
ベル少額短期保険

取り扱い保険会社の比較に戻る

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

シェアする

こんな記事も読まれています

 
トップへ戻る