まるで査定シミュレーション?マンション資産価値・相場推移の簡単な調べ方

シェアする

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

いま住んでいるマンション、もし売るなら何万円になるんだろう? 資産価値はどれくらいあるんだろう? マンションを住居としてだけでなく資産としてとらえる考え方が広まっています。

しかし手軽に正確に資産価値を知る方法は限られています。

査定は正確性が高そう、でも不動産業者からセールスされそうで面倒くさい。。ネットを眺めるだけじゃ自分の家が何万円なのか具体的イメージがわかない。。

そんな人向けの資産価値の調べ方を紹介します。確かな情報をもとにしたあなたの家の資産価値を手軽に知ることができます。

マンションの資産価値を簡易的に知る方法

ネットであなたのマンションの資産価値を調べる方法は大きく分けて3つあります。

売却査定の申込み

1つ目は売却査定の申込みです(正確さ:高 手軽さ:低)。

価値=いくらで売れるか、それを不動産業者に算出してもらうのが査定です。


売却のための査定なのでより正確な価値が分かるのがメリットですが、今すぐ売る気はない・不動産業者を相手するのは面倒・・という人は避けるべき方法です。不動産業者から見たら査定は今すぐ売却してもらうことがゴールだからです。

不動産業者の必死のアプローチにあなたは疲れてしまうこともあるでしょう。

マンション名での調査

2つ目はマンション名での調査です(正確さ:中 手軽さ:中)。

マンション名を入力するだけで相場価格が分かる、そんなサイトを使います。あなたのマンションや近所の物件の過去の取引情報をもとに今の価値が算出されています。


マンション単位だけでなく部屋単位の相場を知れるサイトもあります。マンションの規模によっては階数・間取り・方角で資産価値がぜんぜん違います。そんなケースでも部屋単位の相場であれば信頼度が高いです。

マンション名で相場価格を調べる

不動産サイトの閲覧

3つ目は不動産サイトの閲覧です(正確さ:低 手軽さ:高)。


SUUMOHOME'Sなどの物件情報サイトを見れば、あなたのマンションの他の部屋の売り出し情報が載っているかもしれません。しかし過去の情報は分かりません。

レインズ土地総合情報システムなどのサイトを使えば、過去にどんなマンションが何万円で売れたのか見ることができます。しかしマンション名や物件の詳細は分かりません。


手軽さだけを追求したい人には向いている方法といえます。

資産価値・相場を知る意味

資産価値を知る。重要なのは今の瞬間の価値だけを知るのではなく、価値がどう変化しているのか相場観を身につけることです。


突然ですが薄型テレビの価格相場いくらか知っていますか? 1インチ=1万円と言われていた時代もありました。今は何万円なのでしょう?

正解は1インチ=約2000円、1/5にもなっています(2019年5月時点 価格com。あなたのテレビは何年前のものですか? 消費電力が下がる・新たな機能が増えるなど考えたら買い替えたほうがお得かもしれません。


相場を知らないことの怖さ。それは自分が損していることに気づかないこと、そして正しい判断が出来ないことです。何事においても、失敗するのは相場を知らないまま急に決断してしまう人です。


「家=資産」という感覚で生活するようになると、不動産や土地に関してアンテナが高くなって相場観を感覚で理解できるようになります。興味のある情報は自然と入ってくるものです。

「子供が成長したから住み替えようかな。マンション相場が○○だから今は良いタイミングかも。」資産価値の変化や相場観を知っていればあなた自身で考えられるようになります。


広告を鵜呑みにしたり誰かの言いなりになったり、そんな間違った人生の選択を避けられるようになるのです。

簡易的に正確に資産価値・相場が分かるサイト

資産価値を知るおすすめの方法は「マンション名での調査」、手軽さと正確さのバランスが良い方法です。なかでもおすすめは野村不動産のマンションデータplusです。

マンションデータplusのメリット

マンション名を入力すると あなたのマンションの相場価格が分かります。他のサイトでも分かることに加えてマンションデータplusでは↓が知れます(無料のオーナー登録が必要です)。

  • ○○マンションの○○号室といった部屋レベルで相場が分かる
  • 過去の売り出し事例が詳細情報つき(階数・間取り・方角)で分かる
  • あなたのマンションの価格騰落率・相場変化がグラフで分かる
  • 毎月メールで最新の相場価格を知れる


相場価格は不動産仲介のプロである野村不動産が、国内最大級の不動産データベースをもとに算出しています。データベースとして提携しているのは東京カンテイ、不動産会社のみならず金融機関・公的機関でも利用されているものです。信用度の高い情報が期待できます。

オーナー登録して相場を詳しく知る

不動産会社からセールスされる?

マンションデータplusは「いつかマンションを売るかも」という人向けのサービスです。とはいえ不動産会社のサービスです。登録したら電話がかかってきたりセールスされるのでは?と疑いたくなりますよね。

↓はオーナー登録の入力画面です。

マンションデータplus_オーナー登録

入力が必須なのは氏名・住所・メールアドレスだけ。電話番号は必須ではありません。

不動産会社としては今すぐ取り引きをしたいわけでは無い、いつかタイミングが来たら査定を申し込んでほしいという一歩引いたスタンスの現れであるといえます。


大手だからこその安心感もメリットです。会員登録にはマンション名(=住所)の登録が必要、個人情報を入力することになります。大手ならしっかりしたセキュリティで個人情報を守ってくれます。家族と暮らしている住まいの情報、大手ならではの安心感も重要ですよね。

オーナー登録して相場を詳しく知る

まとめ

手軽に正確に資産価値を調べる方法を紹介しました。あなたのトータル資産はどれだけあるのか、正しく把握して家族のライフプランを考えましょう。

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

シェアする

こんな記事も読まれています

 
トップへ戻る