マンション購入の流れを解説!予算決め・物件選び・手続きの具体的方法とコツ

シェアする

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

複数の人たちで土地・建物を購入するマンション。マンションと一軒家とでは購入するまでの流れが異なります。

マンションの購入検討段階から物件の決定・ローンの契約・購入手続きまでの流れを解説していきます。どのようにマンション購入を進めていくべきか手順を知ることができます。

マンション購入の流れ

マンション購入の流れは↓です(クリックすると解説にスクロールします)。


購入するマンション・住む街の条件を決める
 ↓
購入できるマンションの予算を調べる
 ↓
物件を探して購入物件を決める
 ↓
マンション購入の申し込みをする
 ↓
住宅ローンの事前審査をする
 ↓
住宅ローンを組んでマンションを購入する

それぞれについて解説していきます。

購入するマンション・住む街の条件を決める

まずあなたがやるべきは、どんな暮らしをしたいのか具体的なイメージを持つこと、理想を描くことです。

住まいを決めるということは新しい暮らしを手に入れるということです。一度マンションを購入したら長い期間住むことになるでしょう。どんな物件が理想かだけでなく、どんな街に住みたいかも合わせて考えましょう。

↓は考えるべきことの例です。

マンション物件の条件
間取り・広さ
駅からの距離
新築 or 中古
小規模 or 大規模マンション
暮らす街の条件
治安の良さ
災害のリスク
通勤のしやすさ
子育てのしやすさ
資産価値の保ちやすさ


重要なのは理想イメージについて家族と良く話すことです。家族の将来像をイメージすることです。暮らしで大切なのは家族が将来に渡って幸せになること。今だけ・あなただけがよければ良いなんてことはありません。

購入できるマンションの予算を調べる

続いてあなたがやるべきは、購入できるマンションの予算上限を調べること、つまり現実を知ることです。

あれもこれも理想を叶えようとすると物件価格は高くなります。マンションを選ぶということは、現実の範囲の中で最大限に理想を叶える物件を探すということです。現実的な予算の上限を知りましょう。

多くの人は住宅ローンを組んで購入することになると思います。毎月いくらまで支払えるかを基準にマンション予算の目安を調べられます。方法は2つあります。

ネットで簡易的に調べる

1つめはネットで調べる方法です。

あなたの世帯年収・毎月の支払額・頭金・いまの年齢・返済期間・金利を入力すると、マンション購入予算の目安を計算してくれます。

ネットで簡易的に調べる

相談窓口で相談する

2つめは専門家に相談する方法です。

ネットの簡単なシミュレーションだけだと不安・・もし予算オーバーしていて将来苦しくなったらどうしよう・・そんな人は専門家に直接相談するのがおすすめです。

シミュレーション結果の数字だけでなく、なぜそうなるのか根拠を示してもらえたり不安なことを質問できたりします。安心感が欲しい人は専門家に相談しましょう。

不動産の専門家に相談する

物件を探して購入物件を決める

マンション購入で一番 楽しくて悩ましいのが物件探しです。主な方法を紹介します。

まずはマンション物件を探す方法です。

ネットで情報収集・資料請求する

手軽で簡単にできるのがネットを使った情報収集です。どんな街にどんなマンションがあるのか知ることができます。

注意が必要なのが「価格未定」となっている場合があることです。新築マンションの場合、ネット上に価格が公開されていないケースが多々あります。

気になる物件が見つかったら、資料請求したりモデルルームを見学したりしましょう。

suumo

HOME'S

マンションギャラリーで相談する

大手不動産会社のマンションを購入したいという人はマンションギャラリーで相談するとよいでしょう。マンション購入で分からないことや不安なことを直接聞けるメリットがあります。

各社が手掛けているマンションブランドは↓のとおりです。

シティハウス(住友不動産)

パークホームズ(三井不動産)

プラウド(野村不動産)

パークハウス(三菱地所レジデンス)

モデルルームを見学する

気に入ったマンションが見つかったらモデルルームを見学してみましょう。そのマンションに住んで暮らすことを具体的にイメージできます。ネットやカタログでは分からないことです。

実際に生活することをイメージしながら↓のようなことを確認しましょう。

  • 部屋や収納の広さはイメージ通りか
  • 生活導線は暮らしやすくなっているか
  • キッチンや水回りは使いやすそうか


注意が必要なのが、様々なオプションが設備がついた状態のモデルルームが多い点です。

モデルルームの印象が良いから購入を決めた、でも実はオプションをたくさんつける必要があってガッカリした、、というケースもあります。どれが標準設備でどれがオプション設備か、営業マンにしっかり確認しましょう。


物件探しと並行してやっておくべきなのが、その街の暮らしやすさの調査です。

ネットで情報収集する

治安の良さ、災害のリスク、通勤のしやすさ、子育てのしやすさ、資産価値の保ちやすさ、家族で長い間 安心・快適に暮らすために知っておきたいことはたくさんあります。

マンションくらし研究所では東京の暮らしに関わる情報をランキングにしてまとめています。ぜひ参考にしてください。

東京のランキングまとめ(治安・災害・通勤ラッシュ・子育て・地価)

実際に街を散策してみる

街の暮らしやすさを知るうえで一番大切なのは、実際にあなたの目で街を見て、肌で雰囲気を感じて、平日休日・朝昼夜 その街での暮らしを具体的にイメージすることです。

その街があなたやご家族の理想の暮らしに合うのかはネットには載っていません。いろいろな街の顔をあなたの目で確かめましょう。

  • 駅からマンションまで歩いてみる
  • マンションから近いスーパー数件に入ってみる
  • 昼間に近くの公園に行ってみる
  • 夜に駅周辺・マンションまでの道・飲食店街を歩いてみる
  • すれ違う人の家族像・生活スタイルを想像してみる

マンション購入の申し込みをする

いよいよ購入するマンションが決まったら申し込みをします。

新築マンションの場合、申し込み → 購入(売買契約)と2段階の手続きが必要です。住宅ローンを組んで購入するケースが多いからです。あなたが金融機関から住宅ローンでお金を借りられるか確認する必要があるのですぐに売買契約とはなりません。


可能であれば、申し込みの段階で重要事項説明を受けておくとよいです。マンションを売買するときは宅地建物取引士の資格を持つ人が重要事項を説明しなければいけないと法律で決まっています。

重要事項とは↓のようなことです。

  • 管理費・修繕積立金の金額
  • 駐車場・駐輪場の金額やルール
  • 近隣の建物や周辺施設について
  • ペット飼育やリフォームなどの制限
  • マンション管理の方法
  • 契約解除や手付金について


知らなかった!聞いていない!とトラブルに遭わないように事前に確認しておきましょう。


注意が必要なのが抽選です。人気のマンションの場合、抽選に当たらないと購入できないケースがあります。入居する時期にこだわりがある場合、抽選に外れてしまうと計画がくるってしまいます。いくつか購入候補の物件を調べておくなど備えておきましょう。

住宅ローンの事前審査をする

住宅ローンも 事前審査 → 本審査 の2段階の手続きが必要です。住宅ローンの契約はマンションの売買契約と同時に行う必要があり、事前にあなたがいくら借りられるか審査しておく必要があるからです。


ローンを組む金融機関は不動産会社が紹介してくれますが、事前にあなた自身で探しておくと良いです。不動産会社が紹介してくれるのは提携している数社だけ、数少ない中から選ぶことしかできないからです。

多くの金融機関を比べることであなたに合った最適なな住宅ローンを選べます

自分で探した金融機関で住宅ローンを組むと言うと不動産会社は嫌がるかもしれません。提携紹介料をもらえないからです。あくまで不動産会社の都合です。

住宅ローンはとても大きな金額、わずかな金利の違いが何十万円もの差につながるケースもあります。損をしないように、あなたにとってベストな住宅ローンはどれか比較しましょう。

最適な住宅ローンを探す

住宅ローンを組んでマンションを購入する

正確に表現すると↓のようになります。

住宅ローンを組む本審査を受けて契約する
マンションを購入する売買契約をする


契約を締結するとは、契約書にサインをして実印を押すことです。手続きには他にも↓のような書類などが必要です。不動産会社の指示に従って準備を進めましょう。

  • 実印
  • 印鑑証明
  • 住民票
  • 銀行印
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収

まとめ

マンション購入でやるべきことを流れに沿って解説しました。あなたと家族が将来に渡って幸せな暮らしができるよう、理想の住まいを手に入れてください。

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

シェアする

こんな記事も読まれています

 
トップへ戻る