部屋探し・引っ越ししやすい時期っていつから?間取り別のタイミング


探している人

引っ越ししなきゃ、、そんなとき気になるのが「いまは部屋探ししやすいタイミングなの?」ということです。引っ越しは季節によって需要がぜんぜん違います。良い物件のある・なしも違ってきます。

部屋探しや引っ越しの多さが時期によってどう変わるか紹介します。いまがどんなタイミングか分かるので、理想の部屋探しやスムーズな引っ越しのための作戦を立てやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

賃貸物件 部屋探し・引っ越しが多い時期

部屋探しや引っ越しはいつの時期が多いのでしょうか。傾向をみるためにネットで「部屋探し」「引っ越し」と検索される回数を調べます。とりあえずネット検索!という人が多い時代です。ネット検索数が多い時期=部屋探しや引っ越しが多い時期といえます。

部屋探しが多い時期

ネット検索数_部屋探し
引用元:Googleトレンド

部屋探しが1番多いピークの時期は1月だということがわかります。12月はあまり多くありません。しかし1月になると急激に増えるのです。年が明けて新たな気持ちで家を探そうという人が多いと考えられます。

次に多いのが8月下旬~9月上旬です。1月と比べると6割程度ですが、ちょっとしたピークになっていることが分かります。理由として考えられるのは転勤です。

多くの会社は年度の始まりが4月、そして1年間を上期・下期に分けています。下期のスタートは10月です。期が変わるタイミングは人事異動やが多いので転勤する人も増えます。転勤がキッカケで家探しする人が増えると考えられます。

引っ越しが多い時期

ネット検索数_引っ越し
引用元:Googleトレンド

引っ越しがとても多いのが2~3月です。他の時期と比べるとダントツで多いことが分かります。4月になるとその数がガクッと減っています。4月からの新生活に向けて引っ越しする人がとても多いということです。

2~3月以外でわずかなピークが見えるのが6月下旬と9月下旬です。部屋探しと同じように、転勤がキッカケだと考えられます。第2四半期や下期の転勤に向けた引っ越しです。

部屋探しから引っ越しまでの期間

以上をふまえると、1月の部屋探し → 2~3月の引越し、8月下旬~9月上旬の部屋探し → 9月下旬の引越し、とつながっていると考えられます。つまり多くの人が部屋探しから引っ越しまでにかける期間は1カ月前後だということが推測できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

部屋探し・引っ越しが増える要因

部屋探しや引っ越しが多くなる要因を解説していきます

転勤

会社勤めの人が、会社から異動辞令をうけて転勤するパターンです。タイミングは年度・半期・四半期の区切りである4月、7月、10月です。

引っ越しは4月上旬、7月上旬、10月上旬に向けて行います。

転勤をともなう異動辞令は2週間から1か月前にでるケースが多いです。部屋探しは3月上旬、6月上旬、9月上旬くらいから始まります。

物件としては独身や単身赴任向けのワンルーム・1K、夫婦暮らしや家族暮らし向けの1DK・1LDKなどの需要が多くなります。

就職

離れたところにある会社に就職したため引っ越すパターンです。タイミングは新年度の始まりである4月です。

引っ越しは4月上旬に向けて行います。

内定がでて就職が決まるのは前年の10月です。会社の寮に入る人は部屋探しはしません。そうでない人も部屋探しを始めるにはまだ早すぎます。年が明けた1月くらいから始める人が多いと考えられます。

物件としては1人暮らし向けのワンルーム・1Kの需要が多くなります。

大学進学

離れたところにある大学に進学するために引っ越すパターンです。タイミングは新年度の始まりである4月です。

引っ越しは4月上旬に向けて行います。

大学の合格発表は早くて2月中旬以降です。4月まで時間がないのですぐ部屋探しを始める人が多いと考えられます。

物件としては1人暮らし向けのワンルーム・1Kの需要が多くなります。

月別・時期別 メリット・デメリット

部屋探しや引っ越しの多さを、月別・間取り別にみるとどうなるのでしょうか。

部屋探しの多さは「ワンルーム 賃貸」「1LDK 賃貸」といった言葉の検索数の多さ、引っ越しは部屋探しの1か月後という前提で月別にまとめると↓のようになります(色が濃くなるほど多いということです)。

月別間取り別_部屋探し・引っ越し繁忙期

1月

みんないっせいに部屋探しをスタートする、それが1月です。引っ越しシーズンは2月以降です。裏を返すと、これから引っ越しによる空き物件が増えていくとも言えます。じっくり部屋を選びたいけどもライバルがどんどん増えていく、そんな時期です。

2月

部屋探しも引っ越しもとても多いのが2月です。「早く決めないと物件が無くなる」なんて急かす不動産屋もいるでしょう。下旬になると部屋探しは終わって引っ越しの段取りに移っている人も増えてきます。早め早めの行動が重要になる時期です。

3月

引っ越しが1年のなかで1番多い繁忙期なのが3月です。休日や午前中など希望日程での引っ越しが難しくなったり、費用相場が高くなったりしてしまいます。多くの人は部屋探しを終えて引っ越しのことを考えている時期です。

4月

部屋探しと引っ越し両方のピークが終わって落ち着くのが4月です。売れ残りといわれるような物件もありますが、じっくり部屋探しをできるでしょう。値下げ交渉がしやすいメリットもあります。

5月

6月

7月

5~7月は1DKや1LDKなど広めの物件の部屋探し・引っ越しが増える時期です。とはいえ急激に増えるというレベルではなく前後の月より少し増える程度です。物件の選択肢が少し増えるメリットがあります。

8月

4月と同じく落ち着いているのが8月です。値下げ交渉がしやすいタイミングです。

9月

10月

11月

5~7月と同じく広めの物件の部屋探し・引っ越しが増える時期です。5~7月より増え幅が大きいので注意が必要です。二人暮らしや家族暮らしの社会人の転勤が多いと考えられます。転勤は時間の無いなかで物事を決めなければいけません。ライバルも多い時期なので早めの決断が重要です。

12月

部屋探しや引っ越しはあまり多くない時期です。もし4月に向けて引っ越すことが決まっているのなら、余裕をもって部屋探しを始めておきたいです。住みたいエリアや希望条件を真剣に考えたり、不動産屋に足を運んで相談してみるのもいいでしょう。1月からの本格的な部屋探しに備えましょう。

まとめ

部屋探しや引っ越しの多さが時期によってどう変わるか紹介しました。転勤・就職・大学進学などが要因になっているので、どうしても短期間に集中してしまいがちです。いまがどんな時期なのか正しく知って作戦を立てましょう。

マンションくらし研究所では部屋探しで役立つ情報を 条件決め→物件探し→内見→契約 の流れにそってまとめています。こちらからご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る