お金の勉強しっかりできる おすすめ無料マネーセミナーは?比較して紹介


セミナー講師

お金の勉強方法はいろいろあります。でもいざ行動しようと思うと具体的に何をすればいいか迷いますよね。

何から手をつけたらいいか分からない! 何が分からないのかが分からない! そんな人にお金の勉強のやり方を教えてくれるのがマネーセミナーです。

セミナーならではのメリット、セミナーの選び方を紹介します。お金の勉強がしっかりできるマネーセミナーを見つけることができます。

マネーセミナーでお金の勉強をするメリット

講座形式なので受け身でよい

お金の勉強を始める方法としてセミナーを活用するメリットは受け身でよいという点です。席に座って講座を受けているだけでいろいろな知識が手に入ります。何を勉強したらいいんだろう、、何の本を読んだらいいんだろう、、勉強すべきことが何か絞り込めていない人にとって有効な手段です。

セミナーでは貯蓄、節約、住宅、保険、資産運用などいろいろなジャンルの話を聞くことができます。その中であなたが「今この知識が必要!」と感じるものがあるはずです。それが何なのか知るためのヒントを発見しやすいのがセミナーのメリットです。

自分で勉強の進め方を決めるという不安がない。同じような悩みを持った人がたくさんいると実感できるので1人孤独に悩まなくてすむ。そんな点が支持されて女性の参加者が多いのも特徴です。

効率的に勉強できる

お金の勉強には本を読むという方法もあります。しかし今あなたに必要な知識は何か、あなたが自力で考える、最適な本を選んで探す、何百ページも読み進める、、自発的な行動が必要です。勉強するエンジンがかかっていなければ、進みが遅くて時間がかかってしまいます。

お金の使い方も効率的とはいえません。本は1冊1000円以上するものばかりです。何冊も読もうとするとけっこうな投資が必要です。目標が定まっていない状態で本を読みあさっても、いらない知識にお金を使うだけです。であれば無料セミナーのほうがお金と時間を効率的に使えると思いませんか?

おすすめの無料マネーセミナー

なぜ無料なの?どんなカラクリ?

無料のセミナーと聞くと「なんか怪しい・・」「セールスや勧誘されそう、断るのに苦労しそう・・」と良くないイメージを持つかもしれません。そもそもなぜ無料のセミナーが成り立つのでしょうか?そのカラクリを解説します。

セミナー主催者の収入源

セミナー主催者はボランティアではありません。ビジネスが目的です。なのでセミナーは無料だとしても他のところお金を得ています。じつは、そのお金の出どころには2つのパターンがあります。そして、それによってセミナーの方向性が変わってきます。

仲介手数料

セミナー主催者がお金を得る方法、1つめは仲介手数料です。お金のことをしっかり考えた結果たどりつきやすいのが保険の見直し、住宅ローンの借り換え、投資信託など金融商品といったものです。そのような他社の商品を勧めることで仲介手数料をもらっています。

お金の勉強初心者にとってこのパターンは注意が必要です。セミナー内容が偏ってしまうケースがあるからです。セミナー講師はフィナンシャルプランナーであることが多いのですが、人によって専門領域が違います。

例えば保険仲介専門のフィナンシャルプランナーが講師の場合、保険の話が中心になります。でもあなたにとって今一番必要なのが保険の知識だとは限らないですよね。お金の勉強を始める入り口はもっと広くしておくべきです。

有料セミナー

もう1つが有料セミナーでお金を得ているパターンです。お金の勉強を本格的にする人向けに有料セミナーをやっていて、それが収入源になっています。宣伝のためのお試し無料セミナーというわけです。

例えるならスーパーの食品売場にある試食コーナーのようなものです。鉄板で香ばしく焼かれたあつあつのソーセージ、1つ味わうのは無料です。美味しい!買いたい!とあなたに感じてもらえるように、たとえ無料試食だとしても店員さんはソーセージの魅力をいっぱいアピールしてくれますよね?

このパターンであればおすすめです。今あなたに必要な知識は何なのか、これから何を勉強していくべきなのか、幅広い領域の中から有益なヒントを得やすいでしょう。

おすすめの無料マネーセミナー

お金の勉強ができる おすすめ無料マネーセミナー

有料セミナーをやっている会社がノウハウの一部を無料公開している、そんな無料セミナーはどんなものがあるのか紹介します。セミナー実績も踏まえて有名どころと言えるのは「お金の教養講座」と「お金の教養スクール」です。

それぞれを比較すると↓のようになります。

セミナー名お金の
教養講座
お金の
教養スクール
運営会社ファイナンシャル
アカデミー
エフピー
ウーマン
場所東京、大阪
神奈川、愛知
東京、大阪
開催数
(地域差あり)
週数回月数回
ボリューム4時間 or 1.5時間1.5時間
学べること家計簿
貯蓄
節約
住宅・保険
資産運用
自己投資
収入増
マネープラン
貯蓄
紹介メディア新聞
テレビ
雑誌
雑誌

お金の教養講座 公式サイト

お金の教養スクール 公式サイト

お金の教養講座

お金の教養講座

↓のようなことが学べます。

  • だれでもできる、カンタンで効果的な家計簿を付ける方法
  • 収入の2割を自動的に貯める方法
  • 1万円から始められる節約の方法
  • マイホームや保険など大きなお金の使い方
  • お金に働いてもらう方法
  • 将来収入を増やすための効率的な自己投資方法


日本経済新聞、朝日新聞、NHK、TBS、TV東京、フジテレビなどのメジャーなメディアに紹介されています。お金の教養を身につけるための日本唯一の総合マネースクールという名のもと、毎月3000名がお金の教養講座を受講しています。

運営会社のファイナンシャルアカデミーは2002年に創立、マネースクールとしては歴史があります。金融業界の企業向けに研修プログラムを提供していたり、代表の泉正人氏が何十冊も本を出版していたり、実績を積み重ねています。

お金に関する幅広い分野のことを学べたり、無料にもかかわらず4時間にもおよぶセミナーを選べたりするのが特徴です。90%以上の人から「お金や生活に関する不安が和らいだ」「受講後の家計改善に繋がった」という評判を得ているセミナーです。


受講会場は↓のとおりです。4時間コースと1.5時間コースとでは一部違いがありますので注意してください。週数回 開催しています。

4時間コース1.5時間コース
東京有楽町
新宿
大阪大阪
梅田
神奈川みなとみらい
愛知名古屋


お金の教養講座 公式サイト

お金の教養スクール

お金の教養スクール

↓のようなことが学べます。

  • 10年先も困らない稼ぎ力アップの方法
  • 自分の老後に必要なお金の計画の仕方
  • 40代から3000万円を貯めるたったひとつのシンプルな考え方

2年間かけてお金の教養をしっかりと学ぶ有料スクール、その体験授業という位置づけのセミナーです。運営会社であるエフピーウーマンは、2014年にファイナンシャルアカデミーのグループ会社になっています。80%以上の人から「学ぶ前後で生活に変化があった」「家計が改善できた」「貯蓄がアップした」という評判を得ています。


受講会場は↓のとおりです。月に数回 開催しています。

東京新宿自由が丘恵比寿
大阪大阪


お金の教養スクール 公式サイト

無料マネーセミナー 受講者はこんな人

他の受講者はどんな人なんだろう・・場違いの雰囲気だったらいやだな・・無料セミナーとはいえそんな不安を感じる人もいるでしょう。

お金の教養講座は受講者がどんな人なのか公開しています。受講者のうち過半数を占めるのはどんな人なのか、まとめると↓のようになります。参考にしてください。

セミナー名お金の教養講座
性別女性(52%)
年齢30代以下(66%)
年収500万円未満(60%)
総資産500万円未満(51%)

お金の教養講座の受講予約をする


セミナーはなんだか不安。。そんなイメージの人もいると思います。あなたの生活スタイルを自然と貯金が貯まるように変えてくれる、お金のパーソナルトレーニングがいま話題なのは知っていますか?

あなた専属のコンサルタントに毎日オンラインで支出報告をしながら、貯金体質へと変わるサポートをしてもらえます。

知識を得るだけ・ちまちま小銭を貯金するだけではお金に追われているだけ、不安は消えません。行動・習慣を変えることでしか理想の未来は手に入りません。

お金のパーソナルトレーニングでは、行動を変えることに特化した科学的根拠あるトレーニングをマンツーマンで受けられます。サイバーエージェントでAmebaブログやAbemaTVを手掛けた人が、日本最大級のマネースクールの創設者といっしょに経営しているお金のパーソナルトレーニングです。

気になる方は無料体験をしてみてはいかがでしょうか? 表参道のおしゃれな空間で1~1.5時間、無料でまずはあなたの家計を診断してくれます。

無料でお金のパーソナルトレーニング体験をする

まとめ

お金の勉強ができる無料のセミナーを紹介しました。どちらもお金はかかりません。時間を使うだけでお金に関する知識が得られたり、勉強するためのヒントをもらえたりします。開催場所や日時はさまざまですので詳しくはセミナーのホームページをご覧ください。

本当に無料なの?なぜ無料なの?とひっかかっている人は、そのからくりを詳しく解説した記事をご覧ください。セミナーごとの違いを知ることができます。

あわせて読みたい

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

トップへ戻る