一人暮らししたい人に知っておいてほしい後悔しない部屋探しのコツ


一人暮らししたいと思っているけど部屋探しは面倒くさい!と思っている人は多いのではないでしょうか。特に、今は実家に住んでいるけどいつか一人暮らししたいなぁと、なんとなく思っている人にとっては初めの一歩を踏み出すきっかけが無いのではないでしょうか?

一人暮らししたいと思っている人に知っておいてほしい、部屋探しで後悔しないためのコツを紹介します。

一人暮らしって楽しい!


一人暮らしは、とにかく自由!

一人暮らしで楽しいのは、なんといっても自由なところです。

親や兄弟からとやかく言われてイラっとすることなんて無くなります。夜遅く帰ってきたらチクチク文句を言われた、休みにダラダラしていたら小言を言われた、それをきっかけにケンカになったなんていう経験はありませんか?そんな毎日の小さなストレスの積み重ねから完全に解放されます。何をするにも、自由です。

毎日好きなお菓子を食べ続けるのも、深夜までテレビを見て夜更かしするのも自由です。誰に何を言われることなく、あなたの気分の向くままに過ごすことができます。


インテリアや部屋作りにこだわる

一人暮らしだと、部屋はあなただけの空間です。自分の趣味色に染めることができます。

部屋にテーマを持たせたり、インテリアを厳選したり、部屋作りを楽しむことができます。かっこいい部屋にするためにモノトーンやメタリックなものを買い揃えてみたり、かわいい部屋にするために小物や植物をコレクションしてみたり、楽しみかたはあなたの自由です。

雑誌でおしゃれな部屋特集を見ながら、部屋をどんな風にするのか考えるのも楽しいです。音楽がテーマの部屋、アジアンテイストな部屋、ガレージ風の部屋などいろいろな人のアイデアが学べます。

妄想をふくらませながらIKEAや無印良品やニトリをぶらぶらするのも楽しいものです。


仲間や恋人を呼んでホームパーティー

一人暮らしだと、人を呼ぶのに家族に気を遣う必要はありません。自分の好きな時に好きな人を呼ぶことができます。

ホームパーティーは、飲食店に行くのとは違った楽しみがあります。自分たちだけの個室なのでリラックスできて会話も弾みます。時間制限もありません。楽しい仲間や恋人と、楽しい時間を過ごすことができます。

たこ焼きや焼き肉を、みんなでワイワイ言いながらやるのは楽しいものです。冬には定番の鍋パーティーでしょうか。何鍋にするのかをめぐってアツい議論をするのも楽しいです。

一緒に近所のスーパーに買い出しに行くのも楽しみの一つです。どんな食材やお菓子を買うのか、わいわいしゃべりながら買い物するのも盛り上りますね!

\どんな部屋があるか見てみる/

一人暮らしの部屋探しで重要なこと

部屋を、街を、目で見て肌で感じる

自分にぴったりの部屋に巡り合うためには↓のステップが必要です。

 (1)こだわり条件を決める
   ↓
 (2)賃貸サイトや不動産屋で物件を探す
   ↓
 (3)物件を見学する
   ↓
 (4)これだ!と思う物件を契約する

そのなかでも特に重要なのが(3)の物件見学です。一人暮らしをしている未来の姿を想像しながら、その部屋が、街が、自分にぴったりなのかを最も深く考えられるタイミングだからです。

理想の一人暮らしをするために知っておくべきことは、賃貸サイトに載っている部屋の情報だけではありません。周りの街並みはどんな雰囲気か、近くにスーパーやコンビニはあるか、周辺や駅まで道に治安が悪そうな感じは無いか、など実際に足を運んでリアルに肌で実感しないと知れないこともたくさんあります。

物件見学をすることで、賃貸サイトの文字や写真だけでは知ることができないたくさんの情報を、目から耳から肌から得ることができるのです。百聞は一見にしかず、です。

物件の見極め力を磨く

物件見学をしてみると(1)のこだわり条件がいろいろ変わります。新たなこだわり条件が出てきたりもします。一人暮らしをしている未来の姿をリアルに想像することによって、自分にぴったりのこだわり条件が磨かれていき、物件を見極める力がついていくのです。

初めての一人暮らしで「こんなはずじゃなかった!」と後悔してしまう人は、物件を見極める力が不足していたのが原因です。

一人暮らしのベテランであれば、どんなポイントを見極めれば理想の一人暮らしができるのか、経験から判断できます。しかし初めての部屋探しだと、当然ながら部屋探しの経験がありません。そんな物件見極めの経験不足を補えるチャンスが物件見学です。(1)~(3)を繰り返すことによって、初めての部屋探しでも物件を見極める力をつけることができるのです。

数学で証明されている?

じつは数学の研究でも似たような事が証明されています。秘書問題というのをご存知でしょうか?たくさん面接に来る人の中から一番良い秘書を選ぶためにはどんな作戦をたてるのが賢いのかという問題です。

これを部屋探しにあてはめると・・・

あなたのこだわり条件に合った、気になる物件が10件あったとします。その中であなたに一番ぴったりの物件に決めることができる、その確率が最も高くなるのは次のような作戦です。

・まず3件 物件見学をする。が契約はしない。

・4件目以降は、それまでの物件と比べて一番良いなら契約する。

この作戦を使うと、一番ぴったりの物件に決められる確率が約4倍になるというものです。数学と現実とでは前提条件が違うものの、ベストな選択をするためにはまず見極め力をつけるべきということが数学的にもいわれているのです。

\どんな部屋があるか見てみる/

ライバルはいっぱいいる


部屋を探している人はたくさんいる

突然ですが↓は何の表かわかりますか?

恵比寿 一人暮らし1,400
一人暮らし 恵比寿100
恵比寿 物件 一人暮らし100
恵比寿 一人暮らし 女性100
恵比寿 ワンルーム300
恵比寿 1k200
合計2,200


左側はgoogleとyahooで検索されているキーワードです。右側はそのキーワードが1か月に検索されている回数(推定)です。たった1つの街の一人暮らしに絞っているものの、1か月に2,200回、1日にすると70回以上も検索されています。1日に何十人もの人が一人暮らしの部屋探しをしていることが分かります。

部屋探しをするときはgoogleやyahooにキーワードを入れるのではなく、suumoやHome’sなどの賃貸サイトから探す人もたくさんいると思われます。検索されている数は1日に70回どころではなく何倍もいるかもしれません。

一人暮らしの部屋を探している人はあなた以外にもたくさんいそうだな・・と思いませんか?

部屋探しは早い者勝ち

あたりまえですが、1つの物件を契約できるのは1人だけです。とっても良い物件があったとしても、他の人に契約されてしまえばあなたは住むことはできません。

そう、部屋探しは早い者勝ちなのです。他の人に良い物件を取られてしまったら売れ残った物件のなかで比べるしかありません。良い物件の存在に気づくことすらできないかもしれません。

部屋探しのときのこだわり条件は人によって様々です。しかし似たような条件で探している人はあなたの他にもいっぱいいます。賃貸サイトに出ている絞り込み条件やこだわり条件はどれもだいたい同じですよね?

広い部屋が良い。新しいマンションが良い。駅近が良い。こだわりたくなる条件はだいたい似ています。そのなかで家賃がお得な物件から早い者勝ちで決まっていくという構図です。


自分にぴったりの部屋に巡り合うためには、他の人よりも早く、物件の見極め力をつけることが大切です。先ほどのステップでいう(3)の物件見学に時間を使うべきです。(1)~(2)に時間を費やしてしまうのはもったいないです。賃貸サイトをうまく使って効率的に進めましょう。

賃貸サイトからの問い合わせなら24時間 問い合わせを行うことができます。しかも何件も同時に並行して問い合わせや物件見学の予約ができます。気になる良い条件の物件を見つけたら、他の人に取られてしまう前に問い合わせをして物件見学をしてみましょう。


早い者勝ちであるのなら、早く動く。これが鉄則です。

しかも物件見学はタダです。こんどの休日、もし時間があるのなら一人暮らししたいという夢に向けて第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

\どんな部屋があるか見てみる/

まとめ

初めての一人暮らし部屋探しでは物件の見極め力が大切だということを紹介しました。初めてのことは不安がたくさんだと思います。しかし
小さな経験でもたくさん積み重ねることで慣れと自信を手にすることができます。将来 後悔しないためには、今 行動することが大切です。