東京の人口推移予測・年齢別推移グラフ・年齢地域別人口増減マップ


将来どんな暮らしになるんだろう。その街の未来の姿を想像するうえで重要なのが人口です。

人口が増えてにぎやかな街になるのか、減ってしまって社会問題を抱える街になるのか、人口ピラミッドのバランスが崩れてしまうのか。

東京23区・市町村の人口について、将来どうなるのか年齢別に紹介します。未来の東京の姿を予想できるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京都全体の人口推移予測

国立の研究機関である国立社会保障・人口問題研究所では将来推計人口を発表しています。市区町村ごとの人口がどう推移していくか、5年刻みで予測するものです。これをもとに東京都の人口推移予測を紹介していきます。

人口ピラミッド

東京都全体の人口ピラミッドを2015年と2045年とで比較すると↓のようになります。


東京の人口予測_年齢別_人口ピラミッド
引用元:国立社会保障・人口問題研究所


2015年、人口が1番多いのは40代です。バリバリ働いている年齢であり、世代的には団塊ジュニアと呼ばれている層、その人口が最も多くなっています。

そこから年齢が高く・低くなるほど人口が減っていきます。人口ピラミッドはいわゆる「つぼ型」、日本全体の人口ピラミッドと似た形になっています。


2045年、30年後になると人口が1番多いのは70代であると予測されています。団塊ジュニアが多い人口構成がそのまま継続するということです。

東京の外から東京へと移り住む人が多いことが推測できます。2015年に20歳未満の人は、どの年代でも約50万人です。2045年、この人達は30~50歳になります。その人口は約85万人と予測されています。

年齢別 人口推移グラフ

それぞれの年代の人口は年月とともにどう変わっていくのでしょうか? グラフにすると↓のようになります。


東京の人口予測_年齢別_推移グラフ
引用元:国立社会保障・人口問題研究所


年代によって人口の推移が大きく違うことが分かります。

40代・50代・60代は、グラフの形は同じまま横にスライドしたようになっています。40代は2015年、50代は2025年、60代は2035年にピークを迎え、その後 人口が減っていくと予測されています。

そのあと増えてくるのは70代です。2045年には60代とほぼ同じくらいまで増えると予測されています。超高齢化社会といわれる時代の到来でしょう。

30代以下は緩やかな右肩下がりになっています。増えることは無くだんだん減っていくと予測されています。

年齢別・地域別 人口増減予測マップ

年代ごとの人口推移、地域別ではどのように変化していくのでしょうか? 年齢別・地域別に、人口の増減を地図に色表示してみます。

2015年と2045年予測を比較して、人口が増えている地域は黄色→赤と色が濃く、減っている地域は水色→青と色が濃くなります。

10歳未満

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_10歳未満


2015年と2045年予測を比べたとき、10歳未満の人口増加が大きいのは千代田区 +26%、中央区 +25%、港区 +21%です。都心3区ともいわれる東京の超都心部で小さな子供の人口が増えていくことが分かります。

10代

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_10代


中央区 +83%、港区 +64%、千代田区 +56%となっています。10代についても超都心部で人口が増える、つまり子育て世代が都心に集中していくことが分かります。

20代

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_20代


中央区 +24%、港区 +13%、江東区 +11%となっています。20代の人口も増えるとされている中央区、港区。それに続くのは江東区です。都心に近い地域で若者人口が増えるという傾向はどの年代でも変わらないと分かります。

30代

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_30代


30代はどの地域も人口が減るとされています。減少が1番少ない中央区でも -5%となっています。30代は地域による差はあまりなく、東京全体で人口が減っていくことが分かります。

40代

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_40代


千代田区 +8%、港区 +2%となっています。増えるとされているのは2つの区だけです。人口減少の流れの中、30~40代の働き盛りの人口は東京全体で減っていくことが分かります。

50代

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_50代


中央区 +55%、千代田区 +54%、港区 +48%となっています。超都心部で人口が増える傾向がまた現れています。超都心を中心に、南北方向の地域で人口が増えるとされています。

60代

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_60代


中央区 +95%、港区 +85%、千代田区 +85%となっています。超都心からみて西側、市部にわたる広い範囲で人口が増えるとされています。

70代

東京の人口予測_増減マップ_年齢別_70代


港区 +118%、中央区 +112%、千代田区 +101%となっています。それ以外にも東京の大部分で人口が増えるとされています。超高齢化社会が来るとされている日本。その様子を表しているといえます。

まとめ

東京23区・市町村の人口が将来どうなっていくのか、年齢別に紹介しました。あなたとご家族がこれからどこで暮らしていくのか、考えるうえで参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る