高崎線の通勤ラッシュはどれくらい混む?時間帯・駅ごとの混雑率


高崎線

大宮・浦和・赤羽などの大きなターミナル駅を経由して東京に向かうJR高崎線。朝の通勤ラッシュはどれくらい混むのでしょうか?高崎線 東京方面の電車について、時間帯ごと・駅ごとに、どのくらい混雑しているのかを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高崎線 東京方面の混雑率

混み具合のレベルを↓のように分けたとき、高崎線 東京方面の、通勤ラッシュピーク時混雑レベルは4.29です。東京の主要48路線71方面のなかで9番目に混雑しています。

5以上 乗れないこともある
4~5  ぎゅうぎゅう
3~4  ストレス無く立てる
2~3  席・つり革はいっぱい

たくさんある駅の混雑レベル平均が4.29ということは、だいたいの時間帯・駅でぎゅうぎゅうの状態だということです。通勤ラッシュがわりとキツい路線です。どの時間帯に、どの駅がどれくらい混むのか、詳しく紹介します。

時間帯・駅ごとの混雑率

どの時間帯の電車に乗ると、どれくらい混んでいるのか。分かりやすくするために、時間帯別に混雑レベルをグラフ化します。

グラフの上から下に向かって電車が走ったとき、混雑レベルがどのように変化するのかを表しています。青点は集計したデータです。十分なデータが無い駅は点線で推測を表しています。

7:20~7:40に東京に着く電車の混雑率

7:20~7:40に東京に着く電車は、上尾を6:45くらいに通ります。そんな電車のデータだけを集計すると、混雑レベルの変化は↓のようになります。

高崎線-通勤ラッシュ0720-0740

混雑レベルは3~4の間なので、ぎゅうぎゅうにはならないレベルです。しかも、上野や東京などの都心に近づいても混雑レベルがあがることはありません。早い時間のわりには混雑していますが、大変な思いをせずにに通勤できる時間帯です。

上尾や大宮などの遠くの駅に住んでいる人は6時台に電車に乗る必要があります。朝が苦手な人にとっては起きるのが大変かもしれませんが、そのぶん通勤ラッシュは楽になります。

7:40~8:00に東京に着く電車の混雑率

7:40~8:00に東京に着く電車は、上尾を7:15くらい、尾久を7:40くらいに通ります。そんな電車のデータだけを集計すると、混雑レベルの変化は↓のようになります。

高崎線-通勤ラッシュ0740-0800

こちらの混雑レベルは3~4のあいだです。ぎゅうぎゅうにはならないのでつり革につかまって通勤することができそうです。空いているとはいえないですが、少し混んでいるくらいです。

多くの人が働いている東京駅周辺。そこに着くのが8時くらいの電車です。多くの人にとっては早めに会社に着いてしまう時間帯なので電車はまだ混まないようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8:20~8:40に東京に着く電車の混雑率

8:20~8:40に東京に着く電車は、宮原を7:50くらい、赤羽を8:15くらいに通ります。そんな電車のデータだけを集計すると、混雑レベルの変化は↓のようになります。

高崎線-通勤ラッシュ0820-0840

浦和までは今までと同じように混雑レベルは低めです。しかし赤羽をすぎると急激に混雑します。ぎゅうぎゅうすぎて乗れないこともあるかもしれないレベルです。

8:00~8:20の時間帯はデータ少なくてグラフ化できていませんが、尾久で混雑レベル4.5です。8:20~8:40はさらに上がってレベル5になっているので、この時間帯がピークであると言えそうです。

まとめ

通勤ラッシュ時の混雑率が高い高崎線ですが、赤羽から東京がとても混雑しやすい区間であることがわかりました。ピーク時には乗ることができないこともあるレベルです。この時間帯に通勤するのはとても大変そうです。

通勤ラッシュがツライ!という人は引っ越してみるのも良いでしょう。通勤・通学は明日も明後日も毎日続いていくものです。ツラさを嘆くだけでは何も変わっていきません。思い切って引っ越してみたらそこには今より楽で快適に過ごせる日々が待っているかもしれません。

マンションくらし研究所では、通勤・通学が楽でしかも希望条件に合う物件だけを一発で絞り込む検索方法を紹介しています。賃貸サイトごとの物件数の違い・サクッと探せる方法も徹底調査して比較しています。

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク