iPhoneを安く買う方法 乗り換え・機種変更の料金比較まとめ


iPhoneをなるべく安く手に入れたい!そんな人のためiPhoneを安く買う方法を紹介します。

いま使っている通信キャリア別・iPhoneのモデルごとに最も安い会社がどこか調査しています。また大手通信キャリア・格安スマホ会社それぞれの最安を紹介しています。

あなたにとって最も安くiPhoneを手に入れるベストは手段を知ることができます。

iPhoneを買う方法

iPhoneを買う方法はいくつかあります。

大手通信キャリア

最もスタンダードなのは大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約する方法です。そのなかにもいくつか選択肢があります。

キャリアのショップで買う

ドコモショップのようなリアル店舗で買う方法とオンラインショップで買う方法があります。リアル店舗は分からないことを店員に相談できるので安心できます。オンラインショップは受付で待たされることなく自分のタイミングで申し込めます。

販売代理店で買う

家電量販店、街の携帯ショップなど販売代理店はたくさんあります。そのなかでおすすめなのはネットの販売代理店です。

店頭の販売代理店ではいろいろなオプションを勧められるケースが多いです。それをいちいち断るのはわずらわしいですよね。

ネット販売代理店ならそんなことはありません。余計なオプションが無いので月々の費用を安くおさえられます。さらに代理店独自の割引がある場合もあります。大手通信キャリアで直接契約するより安くなるケースがあるのです。

格安スマホ会社

携帯代を大幅に安くできるのが格安スマホ会社で契約する方法です。

大手通信キャリアと比べるとサポートが手薄、初期設定などを自分でやらなければいけない、一部 機能制限がある、通信が混みあうと通信速度が遅くなるなどデメリットはありますが、月額費用の安さは大きな魅力です。

格安スマホ会社でiPhoneを使う方法は2つあります。

端末と通信回線をセットで買う

1つめは端末と通信回線をセットで契約する方法です。

格安スマホ会社には、通信回線だけの会社と通信回線と端末 両方あつかっている会社があります。後者のなかにはiPhoneをあつかっている会社があります。セットで契約できるので使い始めるまでの手間や不安が少ないメリットがあります。

ただし昔の機種しかあつかっていないので注意が必要です。

端末と通信回線を別々に買う

格安スマホ会社で新しいモデルのiPhoneを使うためには、端末と通信回線を別々に契約する必要があります。

端末はAppleのリアル店舗かオンラインショップでSIMフリー端末を購入します。通信回線は格安スマホ会社で契約してSIMカードを手に入れます。ある程度の知識がある人におすすめの方法です。

機種別 iPhoneを最も安く買う方法

iPhoneを最も安く買う方法はどれか 機種ごとに、乗り換え・機種変更の料金を比較します。比較の基準は↓です。

  • 端末:24か月の分割払い
  • 通信:1か月で3GB
  • 通話:1日に2分30秒×1回
  • 格安スマホ会社:初めてでも安心の会社
  • 料金:2年間の月額費用総計
通話:平均1日あたり0.9回、2分18秒
 通信:50%以上の人は月3GB以下


いま使っている通信キャリア別にまとめています。↓からご覧ください。

ドコモユーザーの場合

auユーザーの場合

ソフトバンクユーザーの場合

まとめ

iPhoneを安く買う方法を紹介しました。あなたにとって最も安くiPhoneを手に入れるベストな手段を見つけてください。

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

トップへ戻る