携帯料金・スマホ料金みんなの平均っていくら?節約したら何円得する?


スマートフォンを使う女性

生活必需品とも言える携帯電話。毎月の料金が気になります。生活費の節約術で必ずといっていいほど紹介される携帯料金の節約。みんな毎月どれくらい払っているのでしょうか?携帯料金について詳しく解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

携帯料金の平均 月額いくら?

携帯料金の平均

総務省 統計局では家計調査を毎年行っています。この調査では何にいくら使っているのか品目ごとの金額が、世帯別・性別・年齢別に何に紹介されています。

2016年のデータを見ると、1ヶ月の携帯料金の平均は6,400円となっています(単身世帯・男女・34歳以下)。みなさんの携帯料金と比べてどうでしょうか?

男女別 携帯料金の平均

家計調査の結果を男女別に見てみると↓のようになっています。

男性女性
5,700円7,500円

男女で大きな差があるのが分かります。女性は男性の約1.3倍となっています。女性のほうが携帯料金を使ってしまいがちということが分かります。

10年間の推移

携帯料金は昔と比べて高くなったのでしょうか?先ほどの家計調査のデータ過去10年分をグラフにすると↓のようになります。(単身世帯・男女・34歳以下)


携帯電話-月額料金の推移

2010年より前と後では傾向が違うように見えます。

2010年以前は直線的にゆるやかに下っています。毎年100円くらい下がっています。徐々にですが携帯料金が安くなっていたことが分かります。

2010年以降は上がったり下がったりギザギザになっています。毎年500~700円くらい変化しているのです。携帯料金の変化が激しいことが分かります。この理由は後ほど説明します。

携帯料金=スマホ料金?

いまや新発売される携帯電話のほとんどがスマートフォンです。そしてスマートフォンはガラケーと比べて携帯料金が高い傾向があります。なので携帯料金の平均を知る上ではスマートフォンの普及率を知っておく必要があります。

スマホの普及率

総務省が発表している情報通信白書をもとに、2015年末時点のスマホの保有率を年齢別に表すと↓のようになります。


年齢別スマートフォン普及率

30歳代の85%以上の人がスマホを持っています。さらに若い世代だともっと保有率が高くなっています。ほとんどの人がスマホを持っていると言っても過言ではありません。

1ヶ月の携帯料金の平均は6,400円でした。これはスマホ料金の平均であると言っても過言ではなさそうです。

スマホ普及前との比較

スマホが普及するきっかけとなったのはiPhoneの流行だと言えます。日本では2008年7月11日、ソフトバンクからiPhone3Gが発売されたのをきっかけにスマホの普及が広がっていきました。2008年以降のスマホ普及の様子をグラフで表すと↓のようになります。


スマートフォン保有率の推移

総務省がデータを取り始めた2010年以降、急激に普及していく様子がわかります。

ここで気になるのは、スマホが普及する前の携帯料金はいくらだったのかということです。iPhone3Gが日本で発売される前の2007年の携帯料金の平均をみると↓のようになります。

男性女性
6,100円8,200円

ガラケーしか無い時代の携帯料金。実は今のスマホよりも高かったのです。この理由としては、携帯キャリアの競争が激しくなかったためだと考えられます。

スマホが急速に普及するなか、携帯キャリア各社は激しい競争を強いられるようになりました。よりお得な料金プランを出す必要があったのです。その結果、携帯料金が下がったのだと考えられます。

スマホ料金の比較

キャリアごとの比較

携帯料金を少しでも下げたいと考える人は多いと思います。そのヒントを探るために携帯料金がどのように構成されているか分解して考えます。

スマホ料金の内訳は↓のようになっています。平均的な使い方をすると、これらがいくらになるのかを紹介します。

 通話
 通信
 オプション
 端末代
 割引


通話は平均すると1日あたり0.9回、2分18秒です。通信は半分以上の人は月に3GB以下です。これを元に、各キャリアの料金を算出すると↓のようになります(2017年4月19日時点の料金プラン、2年縛りあり)。


ドコモの場合

内容料金
通話5分以内の国内通話かけ放題
(カケホーダイライトプラン)
1,700円
通信5GB
(データMパック)
5,000円
オプションインターネット接続
(spモード)
300円
7,000円


auの場合

内容料金
通話5分以内の国内通話かけ放題
(スーパーカケホ)
1,700円
通信3GB
(データ定額3)
4,200円
オプションインターネット接続
(LTE NET)
300円
6,200円


ソフトバンクの場合

内容料金
通話5分以内の国内通話かけ放題
(通話定額ライト)
1,700円
通信5GB
(データ定額 5GB)
5,000円
オプションインターネット接続
(ウェブ使用料)
300円
7,000円


auが少し安いように見えますが、通信プランに3GBの選択肢があるためです。もし月々の通信量は2GBでよいということであれば、ドコモは2GBで3,500円の選択肢があるので月額5,500円にすることができます。

これがスマホを使うときの毎月の基本的な料金です。どのキャリアも似たような料金であることが分かります。1社が値下げをすれば他社も追いつこうとするため、基本的に大きな差は出ないのです。

差が出やすいのは端末代、割引の部分です。特に割引にはいろいろなものがあります。各社、割引によって競争していると言ってもいいくらいです。どんな割引があるのか、最新情報はホームページやショップで確認しましょう。

2010年以降 携帯料金の変動が激しいのは、スマホへの機種変更で端末代が上乗せされたり、割引によって安くなったりして、料金が変動する要因がたくさんあったからだと考えられます。

少しでも安くするには、無駄なオプションに加入しない、1つの端末を長く使う、割引をうまく活用するなどが必要だということがわかりまします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外との比較

日本の携帯料金は海外と比べて高いという意見があります。日本は高品質・高価格なサービスを提供しがちなイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?平均的な使い方をした場合の料金を海外と比較してみます。


総務省の調査によると、東京はニューヨーク・ロンドン・パリ・デュッセルドルフ・ストックホルム・ソウル、7都市の中で4番目です。1番高いのはニューヨークで、月額10,308円です。

NRIの調査によると、日本はアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、5か国の中で5番目です(新料金プランの場合)。1番高いのはアメリカで、月額10,055円です。


平均的な使い方の場合、先進国の中では平均的かむしろ安い水準であることが分かります。もちろんどれくらい使うのかによって料金は変わるので、ヘビーユーザー・ライトユーザーの場合は割高感が出る場合もあります。しかし、高すぎるということは無さそうです。

携帯代を安くする方法

格安SIMを使う

携帯代を大幅に節約する方法が格安SIMです。節約術として注目されていて利用する人が増えています。総務省の発表によると2014年末時点で携帯電話全体の約6%にもなっています。

平均的な使い方をするといくらになるのかを試算すると↓のようになります。


LINE MOBILEの場合

内容料金
通話LINE同士 通話し放題
(LINE無料通話)
0円
通信LINE、Twitterなど以外で3GB
(3GBプラン)
1,110円
1,110円


サポートが手薄なのでトラブル時に自分で解決する必要がある、キャリアの提供しているサービスが使えないなどデメリットもあります。事前によく調べて自己責任を負うことが必須ですが、料金面ではとても大きなメリットがあります。

節約できる金額

大手キャリアの場合、毎月の携帯代は7,000円でした。これをLINE MOBILEに変えると1,110円、毎月約6,000円 安くなります。年間7万円も節約できるのです。生活費を節約したい!と考えている人は、どんなメリット・デメリットがあるのかを調べてみてはいかがでしょうか?

\どんなメリットがあるか見てみる/

まとめ

携帯料金の平均がいくらなのかを詳しく紹介しました。ほとんどの人がスマホを使う時代になって、料金が高くなったイメージを持っている人がいるかもしれません。しかし実際は、わずかに安くなっていることが分かりました。

平均的な使い方なのに携帯料金が高い!という人は、料金明細をじっくりと見てみることをおすすめします。もしかしたら不必要なオプションがついているかもしれません。塵も積もれば山となるです。無駄なオプションはすぐに解約するべきです。

携帯電話は生活必需品であるいっぽう毎月それなりの出費が必要です。節約したい人は使い方、料金プラン、携帯会社の見直しも検討してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク