一人暮らしをする人に教えてあげたいガス代の超簡単な節約術

料理をしている女の子

一人暮らしを初めてする人が心配するのが、毎月の生活費がいくらかかるのかということだと思います。その中で、光熱費が毎月いくらするのか分からない人が多いのではないでしょうか?

実家に住んでいると光熱費のことは気にせず暮らしている人が多いと思います。とつぜん自分で払うことになっても、いくらかかるのか想像しづらいと思います。

住む家によってガス代が高くなってしまうことがあるのはごぞんじでしょうか?マンションくらし研究所では、一人暮らしのガス代の平均額や、ガス代を効率よく節約する方法を詳しく解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガスは2種類ある

ガスは大きく分けて都市ガスとプロパンガスの2種類があり、それぞれ特徴があります。その中で知っておいたほうがよいポイントについて解説します。

供給エリアの違い

都市ガスは、地中のガス管をとおって各家庭に届けられます。そのためガス管が通っているエリアでしか使用することができません。

例えば、東京ガスの供給エリアは↓のようになっています。東京・神奈川や人口の多い地域を中心に都市ガスを使うことができます。


東京ガス提供エリア

プロパンガスは、ガスボンベの配達によって各家庭に届けられます。そのため、都市ガスがとおっていないようなエリアであっても使用することができます。

また、災害でボンベが壊れたとしても、取り替えるだけですぐに復旧することができるというメリットがあります。

料金の違い

都市ガスは、都市ガス会社によって提供される公共サービスです。料金は公共料金であるため、決定には政府が関わっています。ガス会社が自由に決められるわけではないので料金が安定しています。

プロパンガスは、各会社が自由に価格を決めることができます。一般的に、都市ガスよりも高い料金が設定されている場合が多いです。

東京の一人暮らし生活費の平均で、1ヶ月のガス代は2,500円だと紹介しました。都市ガスで1ヶ月に2,500円つかうとき、プロパンガスだったらいくらになるのでしょうか。それぞれの料金は↓のようになっています。

基本料従量料金
都市ガス745.2円122.88円/m3
プロパンガス1800円450円/m3

引用元:東京ガス
    プロパンガス料金消費者協会

都市ガスで2,500円ということは、ガスの使用量は約14m3ということになります。

プロパンガスは、都市ガスと比べて火力が約2倍といわれていますのでプロパンガスの使用量を約7m3ととして計算すると、ガス代は約5,000円になります。

同じ場所で、同じライフスタイルをおくったとしてもプロパンガスだとおよそ2倍、月2,500円も高くなってしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガス代を節約するたった1回のチャンス

供給エリアで説明したとおり、都市ガスを選べるエリアは限られます。もし選べるのなら、安い都市ガスを選びたい考える人は多いと思います。ではどうすれば選ぶことができるのでしょうか?

ガスは自分では選べない!?

賃貸で家を借りる人が、ガスの種類を選ぶことはできません。そのアパート・マンションのガスを、都市ガスにするかプロパンガスにするかはオーナーしか決めることができないのです。アパートやマンションを建てるときに、都市ガスにするかプロパンガスにするかを決めるのです。

都市ガスが使えるエリアだからといって、すべてが都市ガスであるとは限りません。オーナーにとってはプロパンガスにはメリットがあるからです。導入コストが安かったり、給湯器やエアコンを無償で手に入れられるケースもあります。

このような中、ガス会社が熱心に取り組んだのが大家さんの囲い込みです。わかりやすく言えば、アパートの大家さんに給湯器やエアコンなどを無償貸与するサービス攻勢をしかけて自社の顧客として取り込み、契約によってしばりつけようというものです。

物件選びのときにしっかりチェック!

都市ガスの物件は、プロパンガスの物件よりも2500円 家賃が安いのと同じです。

賃貸を借りる人が選べるタイミングは物件を選ぶときしかありません。都市ガスなのかプロパンガスなのかをしっかりとチェックしてから物件を選びましょう。

ガス代を効率よく節約する方法

さらに日々の心がけでガス代を節約したい人には、東京ガスのウルトラ省エネブックが役立ちます。一人暮らしのガス代節約に大きな効果がありそうなものを厳選して紹介します。(節約額は毎日実施した場合の金額です)

バスルームでできる節約

お風呂のふたを閉める(191円/月の節約)

シャワーは出しっぱなしにしがちですが、1日1回1分シャワー時間を短くするだけで省エネになります。こまめにお湯を止める習慣をつけることが大切です。

リビングでできる節約

ガスファンヒーターの温度を2度下げる(199円/月の節約)

冬の暖房の推奨設定温度は20℃ですが、実際は高くなりがち。厚手のカーテンの利用や着るものを工夫して、設定温度を2℃下げると、約10%の省エネが可能です。

キッチンでできる節約

煮物に落としぶたを使う(236円/月の節約)

煮物などの料理の際に落としぶた(木ぶた、アルミホイル、パラフィン紙等)を使うと、放熱する量が減るため、調理時間が半分以下になります。

ガスは水や空気や料理を温めるために使います。節約の基本的な考え方は必要以上に温めない温めたものが冷めないようにするの2つです。

特に多くの水をつかうバスルームに節約のポイントがあることがわかります。

逆にいうと次のような場合はガス代が高くなる傾向があるので注意してください。
・水が冷たい冬場
・お風呂に1日に何回も入る
・シャワーを長時間あびるのが好き

どんな行動にお金がかかるのかをしっかりと把握することはとても大切です。事実を把握することによって無駄な努力をすることがなくなり、メリハリのある節約生活をすることができます。

まとめ

ガス代の節約術には、物件選びのときにできるものと、毎日の心がけでできるものがあることがわかりました。

都市ガス物件を選ぶことで2500円/月の節約効果があります。都市ガスかプロパンガス化は、物件情報に書いていない場合もあるので不動産屋にしっかりと確認をしましょう。物件選びのときにきちんと確認するだけで、日々の節約を上回る大きな節約効果があります。

毎日の心がけでは、熱を無駄に使わずに逃がさないことが大事です。とくに熱を使うお風呂の入り方を工夫することによって節約効果が大きくなります。はじめは大変ですが、続けていくうちに習慣になって自然と節約行動ができるようになるので、がんばりましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク