東京23区 財政安定度ランキング(歳入・自主財源率・将来性)

シェアする

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください


その街は将来にわたって安心して住み続けられるところなのか、それをはかる指標の1つが財政の安定度です。

防犯・防災・環境・保育・教育、医療・福祉など行政サービスは安定した財政によって継続的に提供されます。23区の財政について詳しく解説していきます。どの区がどんな財政状況なのか実態を知ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京23区の財政 歳入ランキング

財政に関わる項目は大きく分けて2つ、歳入と歳出があります。歳入とは区にとっての収入のことです。歳出とは支出のことで、行政サービスや給付金に使われます。

東京23区 歳入ランキング

区の行政も一般家庭と同じで収入がなければ成り立ちません。東京23区の歳入ランキングは↓のようになっています。

特別
区民税
(億円)
特別区
交付金
(億円)
使用料
手数料
(億円)
国庫
支出金
(億円)

支出金
(億円)
歳入
合計
(億円)
世田谷区1196465564522383096
足立区4261004426452012797
江戸川区493902425371672701
大田区682700864641792557
練馬区621827514851872551
板橋区437664524571442193
葛飾区317749313801452121
江東区464594393201212018
杉並区639416372951521996
港区7324078121801882
品川区436408413111501698
新宿区430282412781041474
北区27349729265961454
中野区33335519237971270
豊島区29528834207961223
墨田区21938422223821174
中央区26014574131711071
渋谷区4624257116701050
台東区18128937219771002
目黒区4341232312170974
文京区3201712011260943
荒川区1533812217765941
千代田区15938523926535

引用元:各区のHP※

それぞれの項目の意味を解説します。

特別区民税

いわゆる区民税です。東京23区は「特別区」と呼ばれているため特別区民税という呼び名になっています。

区民が収める住民税は、内訳としては区に収める分と都に収める分にわかれています。そのうち区に収める分がこの特別区民税です。

特別区交付金

東京23区が個別の地域ではなく1つの大都市地域として発展していくため、都から交付されるお金です。

固定資産税、法人分の区市町村民税、特別土地保有税として都に収められたものから、行政水準にもとづいて交付されます。

使用料および手数料

区が運営する施設の使用料や手数料の収入です。区民会館、区営スポーツセンター、区営駐車場、区営住宅、区立幼稚園、書類発行手数料などがあります。

国庫支出金

国から支給されるお金です。国の施策などによって使い道が決められています(福祉保健、教育、子育て、都市整備など)。

都支出金

都から支給されるお金です。都の施策などによって使い道が決められています。

1人あたりの歳入ランキング

区の収入である歳入は人口による影響が大きいです。歳入のなかで大きな割合を占めるのが区民税だからです。なので歳入ランキングは人口の多さとの関係が深くなっています。

財政の安定という観点では、1人あたりの歳入も重要です。1人あたりの歳入が多ければ、住民1人あたりが受けられる行政サービスが充実しやすいと考えられるからです。

1人あたりの歳入をランキングすると↓のようになります。

歳入合計
(億円)
人口
(万人)
1人あたり歳入
(万円)
千代田区5355.891.6
港区188224.377.4
中央区107114.175.9
台東区100219.850.6
葛飾区212144.347.9
渋谷区105022.546.8
墨田区117425.645.8
荒川区94121.244.3
新宿区147433.444.2
品川区169838.743.9
文京区9432242.9
北区145434.142.6
豊島区122329.142.0
足立区27976741.7
江東区201849.840.5
江戸川区270168.139.6
板橋区219356.239.0
中野区127032.838.7
大田区255771.735.7
杉並区199656.435.4
練馬区255172.235.3
目黒区97427.835.1
世田谷区309690.334.3

引用元:各区のHP※

東京23区の財政 自主財源率ランキング

財政の安定という観点でもう1つ見ておきたいのが自主財源率です。

自主財源とは、外部要因に依存することなく区が自主的に徴収できる財源のこと。主なものは特別区民税、使用料・手数料です。自主財源の割合が高いほど財政は安定と言われています。

自主財源区が直接徴収するお金
依存財源都や国から貰うお金

東京23区の自主財源率をランキングすると↓のようになります。

自主財源率
渋谷区49.4%
目黒区46.9%
港区43.0%
世田谷区40.5%
千代田区39.3%
文京区36.1%
杉並区33.8%
新宿区31.9%
中央区31.2%
大田区30.1%
品川区28.0%
中野区27.7%
豊島区26.9%
練馬区26.3%
江東区24.9%
板橋区22.3%
台東区21.8%
北区20.7%
墨田区20.6%
江戸川区19.8%
荒川区18.7%
足立区16.7%
葛飾区16.4%

引用元:各区のHP※

東京23区の財政 安定度ランキング

財政の安定という観点では将来性も気になります。

歳入のなかで大きな割合を占める区民税、これは住民の所得が多くなると増えます。つまり将来の働き世代が多い区であれば、将来的にも財政が安定すると期待できるということです。

東京23区 若年度ランキング

若年者=15歳未満、高齢者=65歳以上として、若年者の比率が多い区をランキングすると↓のようになります。全年齢ではなく高齢者と比較しているのは年齢構成を考慮するためです。

15歳未満65歳以上若年者の比率
(15歳未満/65歳以上)
中央区11.9%16.1%0.74
港区12.3%17.5%0.70
江戸川区13.3%20.4%0.65
千代田区11.5%17.6%0.65
江東区12.5%21.1%0.59
文京区10.7%19.1%0.56
練馬区11.9%21.9%0.54
世田谷区10.7%20.4%0.53
目黒区10.3%19.9%0.52
品川区10.4%20.2%0.52
大田区10.7%22.1%0.48
荒川区11.1%23.1%0.48
足立区11.8%24.6%0.48
葛飾区11.8%24.6%0.48
板橋区10.5%22.8%0.46
墨田区10.4%22.7%0.46
杉並区9.7%22.1%0.44
渋谷区8.5%19.6%0.44
豊島区8.2%19.7%0.41
新宿区8.1%19.6%0.41
中野区8.1%20.6%0.39
北区9.8%25.5%0.39
台東区8.9%23.5%0.38

引用元:統計局 国勢調査

東京23区 財政安定度ランキング

以上のように、東京23区の財政を1人あたり歳入・自主財源率・若年者の比率の3つの視点で見たとき、総合ランキングは↓のようになります。

1人あたり
歳入
自主
財源率
若年者の
比率
平均
港区2322.3
千代田区1543.3
中央区3914.3
文京区11667.7
渋谷区61188.3
品川区10111010.3
目黒区222911.0
江東区1515511.7
世田谷区234811.7
新宿区982012.3
江戸川区1620313.0
大田区19101113.3
荒川区8211213.7
練馬区2114714.0
葛飾区5231414.0
墨田区7191614.0
杉並区2071714.7
台東区4172314.7
豊島区13131915.0
板橋区17161516.0
足立区14221316.3
中野区18122117.0
北区12182217.3


ベスト3は港区、千代田区、中央区の超都心エリアという結果になりました。自主財源率が高い上に、国や都からの交付金によって1人あたりの歳入が引き上げられている。さらに都心への人口集中を背景に、子育て世代の割合が多くなっていることが要因として考えられます。

まとめ

東京23区の財政について詳しく解説しました。各区のホームページでは財政に関する詳しい情報を公開していますが、難しくて見づらいと感じる人もいると思います。本記事を参考にしてください。

区の財政において大きな収入である住民税。詳しく知りたい人は東京23区の住民税ランキングをご覧ください。区によって住民税の額は違うのか現実を知ることができます。

あわせて読みたい

マンションくらし研究所では東京23区のさまざまなランキングを紹介しています。統計データを元にしているので東京の街のリアルを正しく知ることができます。あわせてご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る