東京23区 住民税ランキング!東京は住民税 高い?税収が多い区は?

シェアする

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

東京や都心部に住むにはお金がかかる、住民税も高そう、、そんなイメージを持っていませんか? 特別区とも言われる東京23区の住民税について詳しく解説します。

本当に都心部は住民税が高いのか、税収が多くて財政が安定しているのはどの区なのか知ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京23区の住民税

住民税とは、都や区による行政サービスの費用の一部を住民が分担して払うものです。公平性を保つため、分担額は支払能力(=所得金額)によって決まります。

住民税の税率・税額

住民税の内訳は、区に収める区市町村民税と都に収める都民税に分かれています。また所得金額によって変動する所得割と、誰でも同じ金額の均等割に分かれています。

これら東京都の住民税の内訳を表にすると↓のようになります。

区市町村民税
(特別区民税)
都民税合計
所得割課税所得×6%課税所得×4%課税所得×10%
均等割3500円1500円5000円

引用元:東京都主税局

この税率・税額は東京都のどの地域でも同じです。都心部だから住民税が高いなんてことは無いのです。住民税の額は主に所得金額によって変わります。

これは全国的にも似たようなことが言えます。所得割は10~10.5%、均等割は5000~6200円の範囲です。住民税が高い地域であっても年額で数千円程度しか変わらないのです。

住民税の計算方法

住民税の計算方法をザックリ解説します。日本の平均年収である420万円の場合を例にして、住民税が何円になるか計算していきます。


住民税は所得割と均等割の合計です。

住民税 = 所得割 + 均等割(5000円)


所得割は課税所得の多さによって変わります。

所得割 = 課税所得 × 税率(10%)


課税所得は収入の多さによって変わります。勘違いしやすいのですが収入と所得は違います。収入から控除分を引いたものが課税所得となります。

ザックリ言うと、税金は収入の全額ではなく一部に対してかかるものだということです。受けられる控除が多くなるほど課税所得が低くなるので税金も安くなります。

課税所得 = 収入 - 控除


会社員の人が受けられる控除で主なものは次のようなものです。


基礎控除
住民税の基礎控除は33万円です(ちなみに所得税の場合は38万円)。


給与所得控除
給与所得控除は収入の多さによって↓のように変わります。

給与収入額給与所得控除額
162.5万円65万円
162.5180万円収入額×40%
180360万円収入額×30%+18万円
360660万円収入額×20%+54万円
6601000万円収入額×10%+120万円
1000万円~220万円

引用元:東京都主税局

年収420万円の場合は138万円です。
420万円 × 20% + 54万円 = 138万円


社会保険料控除
社会保険(厚生年金保険、健康保険など)に支払った分は控除されます。金額は年収の約14%が目安です。年収420万円の場合は58.8万円です。

420万円 × 14% = 58.8万円


以上をもとに住民税を計算すると↓のようになります。

課税所得 = 収入(420万円)- 控除(33+138+58.8万円)= 190万円

所得割 = 課税所得(190万円)× 税率(10%)= 19万円

住民税 = 所得割(19万円)+ 均等割(5000円)= 19.5万円/年

東京23区 住民税が多い区ランキング

住民税は東京23区どの地域であっても同じであると分かりました。

どこに住むか考えるとき、税金関連でもう1つ気になるのが区市町村の財政です。財政がしっかりしていれば、防犯・防災・環境・保育・教育、医療・福祉など行政サービスが手厚く安定的に提供されると期待できます。

区の収入には大きく分けて2種類あります。住民税(区民税)のように区が直接徴収するもの自主財源と、東京都や国から貰うもの依存財源です。自主財源の割合が高いほど財政は安定と言われています。

区の財政において住民税(区民税)はとても重要です。自主財源であり、しかも収入で1番大きいものだからです。住民税(区民税)の割合が多い区はどこなのかランキングすると↓のようになります。

区民税
(億円)
歳入合計
(億円)
区民税割合
目黒区43497444.6%
渋谷区462105044.0%
港区732188238.9%
世田谷区1196309638.6%
文京区32094334.0%
杉並区639199632.0%
千代田区15953529.7%
新宿区430147429.2%
大田区682255726.7%
中野区333127026.2%
品川区436169825.7%
練馬区621255124.3%
中央区260107124.2%
豊島区295122324.1%
江東区464201823.0%
板橋区437219319.9%
北区273145418.8%
墨田区219117418.7%
江戸川区493270118.2%
台東区181100218.0%
荒川区15394116.3%
足立区426279715.2%
葛飾区317212114.9%

引用元:各区のHP※

東京23区のなかで区民税割合が1番高いのは目黒区です。区の収入のうち45%が区民税によるものです。自主財源の割合が多い、財政が安定している地域だということです。

この区民税とは、住民税(課税所得×10%)のうち6%の分です。残りの4%分はまず東京都に収められ、そのあと各区に配られます。東京都の行政によって配る割合が決定されるのです。

東京23区 住民税の高額納税ランキング

住民税は収入によって変わります。つまり住民税(区民税)を比べると、区ごとの平均年収の違いを推測できるということです。

住民税(区民税)を高額納税している人が多い、平均年収が高い区をランキングすると↓のようになります。

区民税
(億円)
納税義務者数
(万人)
1人あたり
区民税
港区73214.351.3万円
千代田区1593.643.8万円
渋谷区46213.334.8万円
中央区2609.128.5万円
目黒区43416.226.7万円
文京区32012.226.4万円
世田谷区119649.724.0万円
新宿区43018.523.3万円
杉並区63932.119.9万円
品川区43622.619.3万円
豊島区29516.018.4万円
中野区33318.717.8万円
大田区68240.316.9万円
江東区46427.416.9万円
台東区18110.816.8万円
練馬区62137.716.5万円
墨田区21914.714.9万円
板橋区43729.614.7万円
北区27318.614.7万円
江戸川区49334.814.2万円
荒川区15311.014.0万円
葛飾区31723.113.7万円
足立区42633.612.7万円
引用元:各区のHP※
    東京都総務局

平均年収が高いと推測できる、住民税の高額納税トップは港区です。東京23区の平均が19.6万円なので平均の2.6倍の多さということです。

まとめ

東京23区の住民税について詳しく解説しました。住民税は日本全国どこに住んでもほとんど変わりません。お金のある自治体ほど行政サービスが充実する期待ができます。住民税がたくさん集まる都心は実はコスパが良い一面を持っているとも言えます。

その街に安心して住み続けられるのか、それを考えるとき気になるのが区の財政です。東京23区 財政安定度ランキングもあわせてご覧ください。3つの視点から東京23区の財政の安定度を解説しています。

あわせて読みたい

マンションくらし研究所では東京23区のさまざまなランキングを紹介しています。統計データを元にしているので東京の街のリアルを正しく知ることができます。あわせてご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る