お金の本って何を読むべき?毎年ベストセラーに入る定番の4冊はコレ


そろそろ将来のことを考えなきゃ、そんなことを思うときにふと不安になるのがお金の事です。お金のことをしっかり勉強しておかないとマズそうだと感じている人はたくさんいます。あなたもそんなことを考えながら「お金 本」と検索したのではないでしょうか?いっぽうでどんな本を読んだらいいのか迷っているのではないでしょうか?

そんな人のために、読んでおいて損はない本を紹介します。毎年たくさんの本がこの世に産まれてきます。そんな中でも何年にもわたってベストセラー入りしている本が何冊かだけあります。長年多くの人に支持され続けている本です。それはつまり多くの人にとって読む価値のある本とも言えますよね?それがどんな本なのかを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みんなが読んでるお金の本は?

どんな時代でも使える知識

ことわざ、言い伝え、おばあちゃんの知恵袋、、長い間にわたって人々の心をつかんでいる言葉や知恵があります。たとえ時が経っても価値あるものとして扱われています。それは時代が変わっても通用する知識であると言うことができます。

本の場合も同じです。長年にわたって売れ続けている本には、どんな時代でも使える知識が詰め込まれていると期待できるのです。

紀伊国屋の年間ベストセラー

巨大な書店である紀伊国屋では分野別に年間ベストセラーを発表しています。文庫、コミック、経済、くらしなどジャンル別に売れた本ベスト30を発表しています。このランキングを見ることで長年にわたって売れ続けている本を知ることができます。

年によってジャンルの分け方が変わることがありますが、2013~2015年のあいだは同じ分け方になっています。なのでこの期間を対象とします。お金に関する本は経済にカテゴリされています。2013~2015年の経済本ベストセラーの推移を調べていきます。

毎年ベストセラーの4冊

お金に関する本で毎年ベストセラーに入っている本は4冊あります。逆に言うとそれ以外は入れ替わっているということです。毎年たくさんの本がこの世に産まれてきている、そんな中でも激しい入れ替わり競争に勝ち残っている4冊のタイトルは↓です。

  • 金持ち父さん貧乏父さん
  • 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
  • 株の雑誌ZAiが作った「株」入門
  • 教養としての経済学

順位は↓のように推移しています。


お金の勉強本ベストセラー

どの本も安定して20位以上をキープしていることが分かります。どんな内容の本なのでしょうか?それぞれの本を紹介していきます。

売れ続けているお金の本

金持ち父さん貧乏父さん

1冊目は投資家であり実業家であるロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」です。4位→1位→4位と推移していて、最も売れているお金の本であると言えます。

ロバート・キヨサキ氏はキャッシュフローゲームというものも考案しています。不労所得の仕組みを作ってラットレースから抜け出すことでお金の悩みから解放される、そんな考えを人生ゲームのようなボードゲームをしながら体験できるものです。

お金に支配されるのではなく、自由になれる人生。それはどうやったら手に入れることができるか、そのための考え方を学べる本です。

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

続いてもロバート・キヨサキ氏の著書「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」です。11位→6位→20位と推移しています。ロバート・キヨサキ氏は多くの人に支持されていることが分かります。

キャッシュフロー=お金の流れ、クワドラント=4等分という意味です。ビジネス主体が「自分」か「他人」か、収入を得る手段が「労働」か「権利」か、お金の稼ぎ方は4パターンに分けられます。

サラリーマンは他人(経営者)のビジネスで労働によって収入を得ています。はたしてそれでいいのだろうかと考えさせられる本です。

株の雑誌ZAiが作った「株」入門

週刊ダイヤモンドやハーバードビジネスレビューなどのビジネス誌で有名なダイヤモンド社。そんなダイヤモンド社で投資の初心者向けに情報発信しているダイヤモンドZAiの編集部が出している本です。10位→11位→14位と推移しています。

株を始めてみたいけど何から手をつけたらいいか分からない。。そんな人がまず手に取って基本的な知識を身につけられる本であると言えます。

教養としての経済学

4冊目は一橋大学経済学部が出している「教養としての経済学」です。14位→3位→10位と推移しています。

先ほどまでの投資や株に関するものではなく、経済学の本です。お金を稼いだり増やしたりすることに直接的には役立たないかもしれません。しかし経済の仕組みや歴史について、いつか役立つ基礎的な知識を得ることができます。

まとめ

毎年売れ続けていて多くの人に読まれている本4冊を紹介しました。お金の勉強の入り口としては入りやすいかもしれません。しかし、きちんと勉強して身になる知識を手に入れるためには、あなたに必要な知識が何なのか明確に意識することが必要です。

何の勉強から始めたらいいのか、そのヒントを得る方法としてセミナーもあります。貯蓄、節約、住宅ローン、保険、資産運用、投資など幅広い情報を得ることができます。その中で興味をそそられるものが必ずあります。無料セミナーもあるので探してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク