女性の一人暮らしはこれにお金がかかっていた!男女の生活費用の違い

生活費に悩む女性

一人暮らしの生活費っていくらかかるの?という心配をする人は多いと思います。ネットで調べると「平均○○円!」という記事はたくさんあります。

しかし女性はこの情報だけでは安心できないのではないでしょうか。女性は男性にくらべて洋服や化粧品にお金がかかります。男女全体の平均額ではなく、女性だけの生活費の平均を知りたいのではないでしょうか?

総務省 統計局の家計調査では、男女別の一人暮らし生活費を発表しています。男性との違いや、出費してしまいがちなものは何かを、わかりやすく読み解きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性の一人暮らしの生活費

女性の一人暮らしの生活費をまとめたのが下の表です(家賃は除く)。「男性比」は男性に比べてどれくらい金額が違うのかをあらわしています。

項目女性男性比
食費42,305円89%
電気代3,144円99%
ガス代2,563円105%
水道代1,397円110%
家具費4,171円169%
被服費16,505円187%
医療費4,326円158%
交通費11,861円133%
通信費7,489円104%
娯楽費20,863円102%
美容費11,760円514%
雑費5,614円91%
交際費11,161円125%
合計143,159円117%

引用元:統計局 家計調査
1世帯当たり1か月間の収入と支出(2015年)
対象:単身世帯、男女、34歳以下

女性の生活費は男性の1.2倍

1か月の生活費の合計は143,159円で、これは男性の約1.2倍です。女性は男性に比べて給与収入が少なくなる傾向があります。地域限定型や一般事務職など、給与が低いかわりに転勤無し・残業無しといった働き方を好む人が多いためです。にもかかわらず生活費が高いのはなぜなのでしょうか?

おしゃれにはお金がかかる

男性と比較して出費の多い項目が、被服や美容といったおしゃれにかかわる費用です。男性が毎月11,099円使うのに対して女性は28,265円、約3倍のお金を使います。

美容費が約5倍にもなっている理由は化粧品です。ファンデーション、マスカラ、口紅など、いろいろそろえなければならない女性は大変です。男性は、ぜひ女性におごってあげましょう。

化粧品は、肌に合う・合わないがあるので節約するのは難しいと思います。いっぽう被服はファストファッションをうまく使うことで節約を助けてくれます。うまく活用しましょう。

食費の節約は効果的

食費は、生活費の中でおおきな割合をしめていて、約1/3もあります。ここをうまく節約できれば生活費全体をおさえることができます。

女性は、男性に比べて自炊派が多いようで、自炊でつかう食品の購入金額が多くなっています(調味料152%、野菜161%、卵139%など)。いっぽうコンビニ弁当やお惣菜は71%と少なくなっています。料理がキライでないのなら、ぜひ自炊をすることをオススメします。

食器の買いすぎに注意

金額は大きくないけれど男性よりも多く買っているのが家具です。そのなかでも食器は男性の2倍買っているようです。かわいい食器をたくさん揃えたい!とおもう女性が多いのでしょうか。ただ、一人暮らしで食器はたくさんは使わないです。衝動買いをおさえることができれば節約につながりそうです。

一人暮らし初心者とベテランの比較

一人暮らしのベテランになるとお金の使いどころも変わってくると思います。一人暮らし女性の生活費を、年齢別で比較をすると、節約のヒントがあるかもしれません。

項目ベテラン若者比
食費37,117円88%
電気代5,209円166%
ガス代3,622円141%
水道代2,192円157%
家具費5,643円135%
被服費11,805円72%
医療費8,921円206%
交通費5,956円50%
通信費8,309円111%
娯楽費17521円84%
美容費9,213円78%
雑費11,786円210%
交際費15,143円136%
合計142,437円99%

引用元:統計局 家計調査
1世帯当たり1か月間の収入と支出(2015年)
対象:単身世帯、男女、34歳以下、35~59歳

生活費は年齢で変わらない

合計は142,437円で、若者とほぼ変わりません。女性の一人暮らしは、年齢が変わったとしても生活費がほとんど変わらないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしベテランは節約上手

生活費のなかでお金がかかる食費・被服・美容・娯楽は若者に比べて10~30%安くできています。

食費は、自炊をするひとが増えたり、自炊のスキルがあがったりして節約効果が大きくなっていると思われます。若いうちから自炊スキルを身につけることができれば、節約の習慣も身につくということになります。

被服・美容・娯楽は、歳をかさねたから興味が少なくなってきたとみることもできます。若いうちだからこそ楽しめることはたくさんあると思います。無理して節約をするよりも、メリハリをつけてお金を使うべきところと抑えるところをよく考えることが、楽しい人生をおくるコツです。

まとめ

女性の生活費は、基本的に男性よりも高いです。おしゃれのための費用が違うからです。でもそれは、男性よりもおしゃれを楽しんでいるから。人生の楽しみが多いからというころでしょう。

節約するべきところは節約し、楽しむことは楽しむ。メリハリをしっかりとつけて、人生をたくさん楽しんじゃいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク