捨てるのが苦手?片付けが進まない・疲れる理由と部屋の整理を進めるコツ


部屋を片付けてスッキリさせたい! 収納からあふれてるモノたちを整理したい! 家族みんなが落ち着いて暮らせる空間にしたい! でもいつのまにかモノは増えていきます。

必要なモノしか買っていないはずなのに・・大掃除でスッキリさせたはずなのに・・家の中をキレイに保つのは難しいですよね。部屋が片付かないのは私の努力が足りないから、、片付け作業をしようと思ってもやる気が出ないから、、なんて思っていませんか?

片付けができる人とできない人との違い、じつは努力ではありません。片付けできる人は、大きな努力をしなくても自然と片付けができる仕組みを知っています。小さな労力で片付けができるのでキレイな状態を保つことができるのです。

はたしてそれはどんな仕組みや考え方なのか紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ部屋が片付けられない?

片付けとは「いるモノ」と「いらないモノ」に分別して「いらないモノ」を捨てる作業です。たったこれだけの事です。ですが継続していくことは難しいです。そこにはいくつかの心理的な壁が隠れているからなのです。

決断したくないから

片付け作業では、いる・いらないを決断するために脳ミソを使って考えなければいけません。最近いつ使ったっけ? 今後も使うかな? 無くなると困るかな? いろいろなことを考えて1つの結論をだす必要があります。

考えるという作業は誰にとっても疲れるものです。心理学においても決断疲れという現象が認められています。1つ1つのモノについて決断をしていくのは誰にとっても疲れるやりたくないこと。だから片付けが進まないのです。


解決策は決断の難易度を下げることです。iPhoneの産みの親スティーブ・ジョブズやFacebookの創業者マーク・ザッカーバーグがいつも同じ服を着ているのも決断の難易度を下げるためです。全て同じ服であれば決断の難易度が低いので疲れることはありません。片付けも同じです。決断しやすい仕組みを作ることがポイントです。

後悔したくないから

もう1つ片付けをジャマする心理的な壁が、後悔したくないという感情です。人間は損を避けて行動する傾向があります。利益と損失が同時にあった場合、利益を得るよりも損失を避けることを優先しやすいのです。行動経済学で損失回避性と呼ばれているものです。

いままでの人生を振り返ってみて「あの時こうしてれば・・」と後悔することはたくさんありますが「あの時こうしておいて良かった!」と成功を確信できることは少ないですよね。それは得たものより失ったもののほうが大きく感じるからです。

もしかしたら使うかも、、捨てなければよかったと後悔するかも、、片付けは今の状態からモノをマイナスしていく作業です。後悔する可能性があるので気が進まないのです。


解決策は小さな変化を重ねることです。今できることを、ちょっとでいいからやってみる。小さな変化なら後悔するリスクが少ないので行動しやすくなります。片付けは習慣的にやるもの。毎日の行動の小さな変化を積み重ねることによって習慣が身についていきます。

緊急性が無いから

今日 片付けをしなくても、明日からのあなたの生活に大きな支障が出ることはありません。今すぐやるべき理由が無いからなかなか手をつけられないのです。

そんな片付けが苦手な人でもモチベーションが自然と高くなる時があります。たとえば友達を自宅に招くときです。友達が家にくる日にちと時間は決まっています。それまでに片付けを終えないと、友達に不快な思いをさせてしまい、あなたは恥ずかしい思いをします。

片付けをしないことによって損を感じるのです。決められた時間までにやらないと損をしてしまうと確信できる、だから自然にモチベーションが上がって片付け作業が進むのです。

もうひとつの例がロボット掃除機ルンバです。ルンバを買うと床にモノを置かなくなるという話、聞いたことありませんか? 床にモノが置いてあるとそこにルンバが激突します。モノが傷ついて壊れるかもしれません。何かが絡みついてルンバが壊れるかもしれません。

キレイな状態をキープしないと緊急事態になってしまうと確信できる。だから床に置いたモノをすぐ片付けるクセがつくのです。

片付けをしないデメリット

片付けをしないデメリットは部屋がモノであふれて汚くなるだけではありません。

必要なモノを探すため、アレどこにしまったっけ?最後に使ったのはいつだっけ?と時間を無駄にしてしまいます。時間は1日24時間 誰しもに平等に与えられる貴重なものです。

捨てるという小さな決断、それを避けるクセがついてしまうと大きな決断もできなくなります。緊急事態になるまで決断できず行動できない、そんな人生に陥ってしまわないためにも片付け習慣は大切です。

片付け上手な人との違い

いる・いらないの判断基準

片付けでモノを分類するときに重要なのが、いる・いらないの判断基準です。判断基準は使うか・使わないかです。片付けで失敗する人はこの判断基準が間違っています。

判断基準が間違っている
 ↓
いる・いらないを正しく分類できない
 ↓
モノであふれてしまう

捨てたくない理由でよくある「値段が高かったから」。でもこれは手に入れた時のこと、過去の話ですよね。片付けとは未来をどんな生活にしたいかです。未来に使うか・使わないかで判断することが重要です。

未来に使うか・使わないか、その根拠となるのが最近使ったか・使ってないかの事実です。あいまいな記憶に頼るのではなく正確に事実を調べてみると、使っていないモノがびっくりするほど大量にあることに気付きます。

使っていないけど部屋の中にあるモノ。それに気づくか気づかないかが、片付け上手な人とそうでない人との違いです。

しまう・しまわないの境界線

もう1つ違うのがしまう・しまわないの境界線です。片付けで失敗する人はこの境界線があいまいになっています。

目に見えて分かりやすいのは床にモノを置くかどうかです。片付け上手な人は床にモノを置きません。モノをしまう場所は収納の中だけと境界線をキッチリ守っています。新しいモノを1個手に入れたら古いモノを1個捨てます。境界線を守ろうという意識が働いているので無駄にモノが増えないのです。

いっぽう失敗する人の場合、収納に入りきらないモノを床に置いて境界線を破ってしまったり、モノがあふれるたびに収納家具を買い足して境界線を広げてしまったりします。

収納場所の境界線を意識するかしないかが、片付け上手な人とそうでない人との違いです。

片付け・整理整頓で役立つグッズ

片付けられない理由がは分かった、じゃぁ具体的にどうしたらウマくいくのでしょうか。その作戦を片付けや整理整頓で役立つグッズとともに紹介していきます。

リビング

まずは床・机の上・ちょっとしたスペースにモノを置きっぱなしにしないというルールを徹底する必要があります。そんなとき便利なのが布製の収納チェストです。

置きっぱなしのモノが目についたらチェストの中に片付けましょう。布製なら引き出しが軽いのですぐに引き出せます。コツは、細かいことは考えずゴチャゴチャでいいのでとりあえず適当にしまうことです。しまう・しまわないの境界線を明確にするのが目的だからです。洗濯機に脱いだ服を入れるようにポイポイ入れましょう。

一番下は使ってないモノを入れる場所にしましょう。毎日適当に片付けていると「これ最近使ってないな」と気づくモノがあります。ひとまず一番下に移しましょう。すると一番下にずっと入っているモノ=無くても後悔しないモノとなります。捨てる決断がしやすいですね。

タンス

片付けで困りがちなのがタンスです。収納の中だけにきっちりモノをしまって境界線を守るためには、タンスの中の空間を有効活用することが重要です。そんなとき便利なのがスリムハンガーです。

あなたは厚さ何cmのハンガーを使っていますか? 厚さ0.3cmのとても薄いハンガーがあるのをご存知ですか? たかがハンガーと思うかもしれません。しかし10着の服をかけてるクローゼットでハンガーを1cm → 0.3cmへと替えれば、7cmの余裕ができます。

その空間を活かして吊り下げ収納をつければ、収納スペースを増やすことができますよね。

収納スペースの空間を有効活用するにはちょっとした工夫の積み重ねが大切です。ほんのちょっとでも空間を使えないか、小さなことにも目を配りましょう。

左右に空間があることには気づきやすいですが、上に空間があることは見落としがちです。よく観察してみましょう。

ゴミ箱

片付け習慣をつける、使わないモノを捨てるクセをつけるにはモノを捨てやすい環境を作ることも大切です。家のいろいろなところにゴミ箱を置いておけば「これもう使わないかも」と思ったときスグに捨てられます。

ゴミ箱は500円くらいで買えます。たくさん置いても大きな出費にはなりません。

モノを使う・使わないで判断して、捨てる習慣が身につくと無駄な買い物をしなくなります。「欲しい!」という感情と「使う」という現実とは必ずしもイコールではないと知っているからです。節約習慣が自然に身につくメリットがあります。

たかが片付け。でも部屋のキレイさは生活習慣の表れでもあります。習慣が変われば未来も変わります。まずは小さなことから出来ることから、やってみてはいかがでしょうか。


片付けしながら得したいという人は宅配買取を利用すると便利です。買取対象でかつ買取基準を満たしているモノに限られますが、買い取ってもらえればちょっとしたお小遣いになります。片付けが楽しくなって「これもう使わない!」とスイスイ決断できるかもしれません。

総合買取サービスならいろいろなモノを種類別に分けず1つのダンボールに詰めて送れる場合があります。詰め終わったら宅配業者が家まで取りに来てくれるので、楽して片付けを進められるメリットがあります。

宅配買取サービスで買い取ってもらう※買取基準


不用品や粗大ごみをいっきに片付けたい!自分でやるには時間と手間がかかりすぎる!という人は専門業者に頼んでしまう方法もあります。モノを捨てるには分別の手間、粗大ごみの捨て方、面倒なことだらけです。思い切って業者に丸投げしてしまえば楽にスッキリできます。

値段は業者や季節によって違ってきます。いくつかの業者を比較することで、どこが良いのか納得感をもって決めることができます。見積りのやりとりを比較することで、対応の良し悪しも見えてきます。見積りの比較には一括見積を使うと便利です。

無料見積りで最良の片付け業者を探す

まとめ

片付けがなかなか進まないのはなぜか、片付けられる人との違いは何か紹介しました。考え方を変えれば小さな労力でも片付けができるようになります。

いままで歩んできた生活と違う考え方を取り入れるのは一苦労です。そんなときは仕組みを有効活用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

トップへ戻る