捨てるのが苦手?片付けが進まない・疲れる理由と部屋の整理を進めるコツ


部屋を片付けてスッキリさせたい!収納からあふれてるモノたちを整理したい!家族みんなが落ち着いて暮らせる空間にしたい!でもいつのまにかモノは増えていきます。必要なモノしか買っていないはずなのに・・大掃除でスッキリさせたはずなのに・・家の中をキレイに保つのは難しいですね。

部屋が片付かないのは私の努力が足りないから、、片付け作業をしようと思ってもやる気が出ないから、、なんて思っていませんか?

片付けができる人とできない人との違い、じつは努力ではありません。片付けができる人は、大きな努力をしなくても自然と片付けができる仕組みを知っています。小さな労力で片付けができるのでキレイな状態を保つことができるのです。

はたしてそれはどんな仕組みや考え方なのか紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ部屋が片付けられない?

片付けとは「いるモノ」と「いらないモノ」に分別して「いらないモノ」を捨てる作業です。たったこれだけの事です。ですが継続していくことは難しいです。そこにはいくつかの心理的な壁が隠れているからなのです。

決断したくないから

片付け作業では、いる・いらないを決断するために脳みそを使って考えなければいけません。最近いつ使ったっけ?今後も使うかな?無くなると困るかな?いろいろなことを考えて1つの結論をだす必要があります。

考えるという作業は誰にとっても疲れるものです。心理学においても決断疲れという現象が認められています。1つ1つのモノについて決断をしていくのは誰にとっても疲れるやりたくないこと。だから片付けが進まないのです。


解決策は決断の難易度を下げることです。iPhoneの産みの親スティーブ・ジョブズやFacebookの創業者マーク・ザッカーバーグがいつも同じ服を着ているのも決断の難易度を下げるためです。全て同じ服であれば決断の難易度がとても低いので疲れることはありません。

片付けで決断の難易度を下げてくれるのは見える化です。置きっぱなしになっているモノ、何日間使っていないのか正確に記憶をたどるのは疲れます。しかし例えば3ヶ月間ものあいだ1回も使っていない事実がハッキリすれば「よし、捨てよう」と決断がしやすくなります。

しばらく使っていないモノを一覧にするのも大切な見える化です。あなたは収納の中身全てを床に広げて一目でながめたことがありますか?ほとんどの人は自分が何を持っているのか、あいまいな記憶の中で管理しています。一覧にして一目で見ることができれば優先順位をつけやすくなり、決断しやすくなります。

後悔したくないから

もう1つ片付けをジャマする心理的な壁が、後悔したくないという感情です。人間は損を避けて行動する傾向があります。利益と損失が同時にあった場合、利益を得るよりも損失を避けることを優先しやすいのです。行動経済学で損失回避性と呼ばれているものです。

いままでの人生を振り返ってみて「あの時こうしてれば・・」と後悔することはたくさんありますが「あの時こうしておいて良かった!」と確信できることは少ないですよね。それは得たものより失ったもののほうが大きく感じるからです。

もしかしたら使うかも、、捨てなければよかったと後悔するかも、、片付けは今の状態からモノをマイナスしていく作業です。後悔する可能性があるので気が進まないのです。


解決策は後悔するか試してみることです。「これが部屋から無くなったら後悔するかも」という予想、それが正解かどうかは試してみないと分かりません。実際に部屋からモノを無くしてみることで、予想を確信に変えることができます。

部屋から無くす手段はなにも捨てることだけではありません。部屋から無くすけどまだ捨てない。そんな状態にしておけば、不便を感じたとしてもすぐに元の状態に戻せますよね。リスク無くお試しすることができます。

モノが無くなった状態で実際に生活をしてみることで、無くなっても後悔しないんだ、捨てても生活に支障が無いんだと確信しやすくなるのです。

緊急性が無いから

今日 片付けをしなくても、明日からのあなたの生活に大きな支障が出ることはありません。今すぐやるべき理由が無いからなかなか手をつけられないのです。

そんな片付けが苦手な人でもモチベーションが自然と高くなる時があります。たとえば友達を自宅に招くときです。友達が家にくる日にちと時間は決まっています。それまでに片付けを終えないと、友達に不快な思いをさせてしまい、あなたは恥ずかしい思いをします。

片付けをしないことによって損を感じるのです。決められた時間までにやらないと損をしてしまうと確信できる、だから自然にモチベーションが上がって片付け作業が進むのです。

もうひとつの例がロボット掃除機ルンバです。ルンバを買うと床にモノを置かなくなるという話、聞いたことありませんか?床にモノが置いてあるとそこにルンバが激突します。モノが傷ついて壊れるかもしれません。何かが絡みついてルンバが壊れるかもしれません。

キレイな状態をキープしないと緊急事態になってしまうと確信できる。だから床に置いたモノをすぐ片付けるクセがつくのです。


2つの例で共通しているのが片付けを先延ばしすると確実に損をするということです。家をキレイに保つため、定期的に友達を招待する人もいます。「片付けをしないと損をする」そんな仕組みを作ることが部屋を片付ける習慣を身につけるコツなのです。

片付け上手な人との違い

片付けの具体的な方法でよくあるのが、部屋の中のモノを「いる」「いらない」「保留」の3つに分類することです。3つの分類ごとにダンボールを用意してモノを入れていきます。

いる・いらないの判断基準

分類するときに重要なのが、いる・いらないの判断基準です。判断基準は使うか・使わないかです。片付けで失敗する人はこの判断基準が間違っています。

判断基準が間違っている
 ↓
いる・いらないを正しく分類できない
 ↓
モノであふれてしまう

捨てたくない理由でよくある「値段が高かったから」。でもこれは手に入れた時のこと、過去の話ですよね。片付けとは未来をどんな生活にしたいかです。未来に使うか・使わないかで判断することが重要です。

未来に使うか・使わないか、その根拠となるのが最近使ったか・使ってないかの事実です。あいまいな記憶に頼るのではなく正確に事実を調べてみると、使っていないモノがびっくりするほど大量にあることに気付きます。

使っていないけど部屋の中にあるモノ。それに気づくか気づかないかが、片付け上手な人とそうでない人との違いです。

片付けを進めやすくする作戦

片付けられない理由がは分かった、じゃぁ具体的にどうしたらウマくいくのでしょうか。

片付け習慣を身につけるには発想の転換が必要です。いままでのあなたは「片付け=今の状態からモノをマイナスしていく」という考え方だったと思います。後悔する可能性があるので片付けられませんでした。

それを「今の状態をリセットして、必要なモノだけプラスしていく」と発想の転換をしてみるとどうでしょうか。必要なモノ=使うモノなので正しい基準で判断できます。

片付けに必要なのは、捨てる作業を続ける努力ではありません。使う・使わないで判断する習慣をつけることです。その考え方を変えない限り、いつまでもあなたの部屋は片付きません。

もっと家が広かったら・・というのは間違えた考え方です。家は広いけどモノがごちゃごちゃあふれている人もいます。スペースが広い分だけモノが増えているだけです。

テレビの力を借りて家中のモノを断捨離してスッキリさせる番組があります。でも数ヶ月後には元通り・・なんてケースがほとんどです。どんなに片付け作業をがんばっても、使う・使わないで判断する習慣がないと片付けはウマくいかないということが良く分かります。

片付けをサポートしてくれるサービス

自分の力だけで習慣を身につける自信がない・・そんな人をサポートしてくれるサービスがあります。それはトランクルームサービスです。あなたの持ち物をダンボールで送ると整理して管理してくれます。そんなサービスを活用した片付け作戦を紹介します。

使っていないモノを預ける

トランクルームサービスで申し込むと、モノを預けるためのダンボールが送られてきます。そこに部屋の中にある使っていないモノを入れていきます

繰り返しになりますが、判断基準は最近使ったか・使ってないかです。手元に置いておきたいかどうかではありません。いつ使った、という明確な記憶が無いものはダンボールに入れてしまって問題ありません。

使ったか・使ってないかできちんと判断することができれば、片付けは8割ウマくいったようなものです。そのあとは流れに身を任せるだけでウマくいくでしょう。

預けたモノを一覧でながめる

預けたモノは1つ1つを写真撮影してくれます。そしてアプリやWebでいつでも見れるようになります。あなたが今後使わないかもしれないモノが一覧で見える化されるということです。

部屋の中の使っていないモノを1つ1つ自力でチェックして一覧化していくのは地味で大変な作業です。トランクルームサービスは有料ですが、その作業を替わりにやってもらえるので片付けの準備が楽になるメリットがあります。

使いたいモノがあれば1つだけでも取り出すことができます。最短で翌日に自宅に届くので、預けてしまったから必要な時に使えない!なんて後悔をするリスクも低いのです。

数ヶ月たったら引き取って捨てる

トランクルームサービスでは何月何日に預けられたモノか確認することができます。つまり預けっぱなしになっているモノは何ヶ月間使っていないのか、一目で明確に知ることができるということです。

例えば3ヶ月ものあいだ一度も使っていない、でもあなたの生活に何の支障もなかった。そんな事実が分かれば「よし、捨てよう」と自然に決断できますよね。預けっぱなしのモノを全て引き取って捨ててしまいましょう。これで片付け完了です。

トランクルームサービスは月額費用がかかります。決断を先延ばしすると金銭的に損をしていきます。早く決断しなければという気持ちが自然にわいてくるので、片付けが進みやすくなるでしょう。

トランクルームサービスで片付け習慣を始める

片付け習慣=節約習慣

モノのいる・いらないを「使う」「使わない」で判断する習慣が身につくと無駄な買い物をしなくなります。「欲しい!」という感情と「使う」という現実とは必ずしもイコールではないと知っているからです。節約習慣が自然に身についているのです。

トランクルームサービスを使って預けたり取り出したりすると、ダンボール1箱・3ヶ月で1000円以上かかります。でも節約習慣が身についたおかげで、服をたった1着 衝動買しなくなるだけで簡単に元が取れそうな金額だと思いませんか?無駄な買い物をしないライフスタイルを今後何十年も送れるなら、トータルでは得しちゃうかもしれません。

トランクルームサービスはダンボール1箱分からでも利用できます。楽に片付けが進んでいく感覚を味わってみてはいかがでしょうか?

トランクルームサービスで片付け習慣を始める


片付けをしながら得したいという人は宅配買取を利用する方法もあります。買取対象でかつ買取基準を満たしているモノに限られますが、買い取ってもらえればちょっとしたお小遣いになります。片付けが楽しくなってスイスイ進むかもしれません。

総合買取サービスならいろいろなモノを種類別に分けず1つのダンボールに詰めて送れる場合があります。詰め終わったら宅配業者が家まで取りに来てくれるので片付けが楽に進みます。

宅配買取サービスで買い取ってもらう※買取基準


不用品や粗大ごみをいっきに片付けたい!自分でやるには時間と手間がかかりすぎる!という人は専門業者に頼んでしまう方法もあります。モノを捨てるには分別の手間、粗大ごみの捨て方、面倒なことだらけです。思い切って業者に丸投げしてしまえば楽にスッキリできます。

値段は業者や季節によって違ってきます。いくつかの業者を比較することで、どこが良いのか納得感をもって決めることができます。見積りのやりとりを比較することで、対応の良し悪しも見えてきます。見積りの比較には一括見積を使うと便利です。

無料見積りをとって最良の片付け業者を探す

まとめ

片付けがなかなか進まないのはなぜか、片付けられる人との違いは何か紹介しました。考え方を変えれば小さな労力でも片付けができるようになります。

いままで歩んできた生活と違う考え方を取り入れるのは一苦労です。そんなときは仕組みを有効活用してみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

トップへ戻る