ミニマリストから学ぶ生活費の節約アイデアとたった1つ意識すべき事


ミニマリスト

無駄な物を少なくして生活しているミニマリストの方々。金銭面でどんなメリットがあるのか気になりませんか?普通の人と比べて節約効果が大きそうな生活費の項目・節約アイデアと、具体的にいくら節約できそうなのかを紹介します。

また、それらの節約アイデアに共通している事が何なのかも解説します。それを意識することによってあなたもウマく生活費の節約ができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生活費を節約するための考え方

生活費、何にいくらかかる?

総務省 統計局では、日本に住んでいる人が毎月どのような事にお金を使っているのかを調査しています。それによると、賃貸物件に住んでいる二人以上の世帯(夫婦二人暮らし or 夫婦+子供)の生活費平均は約22万円です。それを支出項目ごとに整理すると↓のようになります。

項目金額
家賃61,000円
食費50,200円
外食11,600円
電気代7,800円
ガス代7,100円
水道代4,400円
家具・家事用品8,300円
被服・履物9,400円
保健・医療9,300円
交通費5,400円
自動車19,000円
通信費14,300円
教育費9,500円
教養・娯楽20,100円
美容費5,700円
たばこ1,700円
雑費19,700円
交際費12,000円
合計215,500円

引用元:統計局 家計調査(二人以上世帯、民営借家)

少しでも生活費を節約して、毎月のランニングコストを下げたいと考えている人は多いと思います。どの費用をどうやって下げるのが効果的なのでしょうか。

節約とは、生活スタイルを変えること

毎月かかる費用を下げる(=変える)ということは、生活スタイルを変えるということです。

「今月はお金を使い過ぎたから節約したい」。そんな、ひとときだけの節約は簡単です。何かを少しガマンするだけでいいのです。ほんのひとときガマンするだけで、その月を乗りきることができます。

そんな小さなガマンであっても、毎月続けるのはツラいです。ダイエット、禁煙などで多くの人が挫折を味わっています。「継続する」ということはとても大変なことなのです。

もし、考え方を変えることができて、生活スタイルを変えられれば、それは継続への近道です。それまで大変だったことでも難なく継続することができるようになります。

節約においては「無駄を無くす行動」を継続することが大切です。そのきっかけとして有効なのが「目標の数値化」ではないでしょうか。無駄を無くすといくら節約できるのか、金額がハッキリわかれば節約のモチベーションが高くなります。

無駄を無くしたシンプルな生活を送るミニマリストの方々の生活スタイルを参考にして、どんな生活スタイルにして、どんな無駄を無くすと、いくら節約できるのかを解説していきます。

ミニマリストに学ぶ、生活費項目ごとの節約

食費の節約

食費は生活費のなかで大きな割合を占めるものです。全体の約25%、1/4もかかっています(外食を除く)。しかし食費を大きく削るような生活スタイルを送っているミニマリストはあまりいません。

料理のシンプル化に取り組んでいる人は多くいます。しかしそれは料理の手間を楽にするのが目的であり、食費を安くすることが目的ではありません。食べるということは健康の基礎となることです。手間は省いても栄養はしっかりとるスタイルのようです。出費が大きな項目ですが、大きな節約は難しそうです。

そんな中で無駄と言えそうなのがお菓子です。お菓子は糖質や炭水化物を多く含んでいるものが多く、健康上必須とは言えません。

家計調査によると1世帯あたりのお菓子の出費は毎月5,000円です。お菓子をガマンする生活スタイルに変えて量を半分にできれば、毎月2,500円、年間3万円、自由なお金が増えます。

外食の節約

ミニマリストの方々は自炊派が多いです。特に二人以上の世帯は自炊が中心となっていて外食することは少なさそうです。

外食は、基本的に自炊より高いです。料理の料金には食材費の他に人件費・お店の家賃・お店の利益などが含まれているからです。多くの飲食店において原価率はどんなに高く見積もっても50%以下のようです。つまり自炊と比べると2倍以上お金がかかるということです。

そのぶんプロの作った美味しいものが食べられる、自分で作る手間が省けるなど、メリットもありますが、節約したい人にとっては無駄な出費が多い項目です。

家計調査によると1世帯あたりの外食の出費は毎月12,000円です。外食を控えて半分にできれば、毎月6,000円、年間7.2万円、自由なお金が増えます。

被服・履物の節約

一般的に、女性は男性よりもオシャレに敏感で、被服に多くのお金を使います。しかしミニマリストの方々はそうではないようです。ミニマリストでブログをやっていらっしゃる方には女性も多くいますが、そんな方々には共通点があります。

それはシンプルな服装が多いということです。ガラのある洋服よりも無地でシンプルなものが多い印象を受けます。シンプルな服と小物をうまく組み合わせてオシャレをしているように感じます。そうすることによるメリットはたくさんあります。

1つは服の数を減らせる、被服費を減らせるということです。ガラものだと、このジャケットにはこのパンツしか合わないというような制限ができがちです。いっぽうでシンプルな服であればいろいろな服と組み合わせやすいです。いろいろ着回しができるので、少ない服でたくさんのパターンを作れるのです。

もう1つは収納スペースを減らせるということです。服が少なくなれば、そのぶん必要になる収納スペースも少なくてすみます。クローゼットやタンスの数が減らせれば、そのぶん部屋が広くなります。狭い部屋であっても居住スペースが広がります。

家計調査によると1世帯あたりの被服・履物の出費は毎月9,000円です。シンプルな服にして半分にできれば、毎月4,500円、年間5.4万円、自由なお金が増えます。

娯楽の節約

結婚されているミニマリストのかた、特にお子さんのいらっしゃるかたのブログでとても興味深いのが、娯楽に対する考え方です。お金をかけることが必ずしも娯楽につながるわけではないと考えさせられます。

生活で使う物を作る、季節イベントの準備をするなど、日常の一部を娯楽として楽しんでしまう精神を感じます。お金を使うことが目的ではないのです。楽しむことが目的であって、お金はそのための手段なのです。アイデアや考え方しだいで、日常のささいなことも娯楽になります。

家計調査によると1世帯あたりの教養・娯楽の出費は毎月21,000円です。そのなかで娯楽は12,000円です。お金を使わない娯楽をみつけて半分にできれば、毎6,000円、年間7.2万円、自由なお金が増えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家賃の節約

賃貸物件に暮らす人にとって家賃はとても大きな出費です。家計調査の平均によると、毎月の支出のうち約30%も占めていて一番大きな支出項目となっています。なんとかして安くしたいと考える人は多いと思います。ミニマリストの方々の生活スタイルを参考にすると、家賃節約のヒントがあります。

東京では、家の広さを1m2狭くすると家賃が4,000円安くなります。家賃を節約するためには、狭い家に住めば良いのです。そして、家が狭くても困らないような生活スタイルにすればいいのです。

家の広さと、居住空間の広さは違います。単純にいうと↓のような関係になっています。
家の広さ - 家具のスペース = 居住空間

つまり家を狭くしても、家具のスペースを少なくすれば居住空間はじゅうぶん確保できるのです。家具を減らす生活スタイルに変えることで、家が狭くてもこまることなく家賃を節約できます。それではどんな家具を減らせばよいのでしょうか。

その答えはミニマリストの生活スタイルにあります。さきほどミニマリストは被服・履物、娯楽をうまく節約していると紹介しました。それはつまりタンス物入れなど収納家具を減らせるということです。

横100cm×奥行50cmのサイズの収納を1つ減らせれば、いまよりも0.5m2 狭い家に引っ越しても困ることなく生活できます。それはつまり毎月の家賃を2,000円節約できるということです。被服・履物、娯楽の節約と合わせると、自由なお金がかなり増えます。

このように目標を具体的な数字にすると、がんばるモチベーションもあがるのではないでしょうか?生活費を節約したい人はぜひチャレンジしてみてください

まとめ

被服・履物、娯楽の節約は家賃の節約にもつながるのでとても効果の高い節約であることがわかりました。またミニマリストの方々の「物を少なくする」という生活スタイルは、節約の面でもとても合理的なことであることがわかりました。参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク