1ヶ月の生活費平均いくら?内訳は?独身・夫婦・家族人数別 統計データ

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

みんな生活費いくらかかってるんだろう・・もしかしたら生活費かかりすぎかも・・日々の生活はお金がかかるもの、毎月いくら出費するのが普通なのか目安を知っておきたいですよね?

総務省 統計局が実施している家計調査をもとに、生活費の平均は何万円か・みんな何にいくら使っているのか紹介します。

独身、家族暮らし、世帯人数によって生活費がどう変わるのか詳しく解説します。あなたのライフスタイルの場合 生活費いくらが目安なのか知ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1ヶ月の生活費平均

総務省 統計局では、家計調査によって様々なライフスタイルの人のお金事情を調査しています。生活費の平均を世帯人数にまとめると↓のようになります。

世帯人数
人以上
食費4.46.47.38.39.09.3
光熱費1.01.82.12.32.52.7
家具・家事用品0.51.01.21.31.31.1
被服・履物0.71.11.31.51.51.3
保健医療0.71.21.21.21.21.2
交通・自動車2.03.73.94.63.64.1
通信0.81.51.71.81.82.0
教育00.21.83.43.62.6
教養・娯楽2.02.83.03.63.83.4
諸雑費1.52.22.52.62.62.2
交際費1.41.91.61.31.31.0
合計14.9万円23.9万円27.6万円31.7万円32.3万円30.8万円
住居費
持ち家の場合
(ローン返済)
9.89.59.19.29.4
賃貸の場合
(家賃)
4.56.16.26.15.35.5
出典:統計局 家計調査(2019年・世帯主の年齢43~48歳)
作成:マンションくらし研究所

生活費の平均はとうぜんながら世帯人数によって変わります。独身の人を含む1人暮らしでは14.9万円/月ですが、2人家族では23.9万円、1.6倍になります(住居費を除く)。2倍まではいかないものの大きく増えることが分かります。


住居費は持ち家か賃貸かによって傾向が変わるのでそれぞれ平均をまとめています。家計調査の住宅ローン・家賃の額を、それを支払っている世帯割合で割り戻して算出しています。

持ち家の人は9~10万円/月、賃貸の人は4~6万円/月というのが日本全国の平均です。住居費は地域によって大きく変わります。都市圏では高くなる傾向があります。それもふまえて参考にしてください。


住居費の次に出費が大きいのが食費です。詳しく知りたい人は 食費平均・内訳・月収における割合・節約のコツ(世帯人数別) をご覧ください。つい食費が高くなってしまっていないか、目安と対策を知ることができます。


世帯人数による生活費の違いをグラフにすると↓のようになります。


生活費の平均_世帯人数別

出典:統計局 家計調査(2019年・世帯主の年齢43~48歳)
作成:マンションくらし研究所


それぞれについて詳しく紹介していきます。

1人暮らし・独身

1人暮らし・独身の生活費平均(住居費を除く)は↓です。

生活費割合
食費4.430%
光熱費1.07%
家具・家事用品0.53%
被服・履物0.75%
保健医療0.74%
交通・自動車2.013%
通信0.85%
教育00%
教養・娯楽2.013%
諸雑費1.510%
交際費1.49%
合計14.9万円


住居費を除くと、生活費で1番高いのは食費です。支出の30%、約1/3もの割合を占めています。自炊が苦手で外食ばかり・・という人もいるでしょう。しかし日々の生活費の節約に1番効くのは食費です。生活費を安くしたい!という人は消費の節約を考えましょう。

1人暮らしの生活費について詳しく知りたい人は 一人暮らしの生活費平均、年代・収入による違い をご覧ください。1人暮らしの生活費は年齢によってどう変わるのか、年収が高い人との違いは何か知ることができます。

男性と女性ではお金事情が違います。女性の生活費について詳しく知りたい人は 働く女性の生活費・貯金・みんなの平均 をご覧ください。働く女性だけの平均を知ることができます。

2人家族

2人暮らしの生活費平均(住居費を除く)は↓です。

生活費割合
食費6.427%
光熱費1.88%
家具・家事用品1.04%
被服・履物1.15%
保健医療1.25%
交通・自動車3.715%
通信1.56%
教育0.21%
教養・娯楽2.812%
諸雑費2.29%
交際費1.98%
合計23.9万円


2人家族になると食費の割合は27%に下がります。1人あたりの食費も4.4万円 → 3.2万円へと下がります。複数人分をまとめて用意したほうが効率的なためと考えられます。生活費節約のコツは、複数人でシェアできることを増やすことです。

2人家族の生活費について詳しく知りたい人は 二人暮らし生活費の平均・一人暮らしとの差 をご覧ください。二人暮らしには生活費でどんなメリットがあるか知ることができます。

3人家族

生活費割合
食費7.326%
光熱費2.18%
家具・家事用品1.24%
被服・履物1.35%
保健医療1.25%
交通・自動車3.914%
通信1.76%
教育1.87%
教養・娯楽3.011%
諸雑費2.59%
交際費1.66%
合計27.6万円


3人家族で変わってくるのは教育費、お子さんの将来に向けた投資です。生活費のうち7%を教育費にあてるのが平均です。その他の割合は3人家族とあまり変わりません。いろんな生活費を少しずつ節約していることが分かります。塵も積もれば山となる。たとえ小さなことでも無駄は削りましょう。

家族暮らしの生活費について詳しく知りたい人は 家族暮らしの生活費平均、年代・収入による違い をご覧ください。家族暮らしの生活費は年齢によってどう変わるのか、年収が高い人との違いは何か知ることができます。

4人家族

生活費割合
食費8.326%
光熱費2.37%
家具・家事用品1.34%
被服・履物1.55%
保健医療1.24%
交通・自動車4.615%
通信1.86%
教育3.411%
教養・娯楽3.611%
諸雑費2.68%
交際費1.34%
合計31.7万円


3人 → 4人と家族の人数が増えても、生活費の割合に大きな違いはありません。あえて言うなら交際費が少なくなる事くらいです。家族で過ごす時間が増えるからだと考えられます。

5人家族

生活費割合
食費9.028%
光熱費2.58%
家具・家事用品1.34%
被服・履物1.55%
保健医療1.24%
交通・自動車3.611%
通信1.86%
教育3.611%
教養・娯楽3.812%
諸雑費2.68%
交際費1.34%
合計32.3万円


ミニマリストというライフスタイルを知っていますか? 生活に必要なモノを可能な限り少なく減らして暮らすものです。そこには節約のヒントが隠れています。ミニマリストから学ぶ生活費の節約術 もあわせてご覧ください。家計を楽にするコツを知ることができます。

子育ても落ち着いてきた。ふと老後という言葉が不安とともに頭をよぎるようになった。。そんな人は 老後の生活費・収入・貯金額の平均 をご覧ください。万が一にも老後破産にならないように、老後のお金の目安を知ることができます。

まとめ

生活費の平均を、家族の人数ごとに紹介しました。統計をもとにしたデータです。あなたの生活費は高いのか、それとも節約できているのか。参考にしてください。

生活費の目安とともに知りたいのが節約です。生活費の節約術もあわせてご覧ください。節約とは小さな工夫の積み重ねです。どんな費目に手をつけるべきか、今の生活にどんな工夫を加えるべきか、小さな労力でも節約生活が継続する方法が見つかります。

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

シェアする

こんな記事も読まれています

 
トップへ戻る