一人暮らしの食費、平均いくら?年齢・性別・年収ごと毎月の食費詳細


一人暮らしの料理

20歳代・30歳代 一人暮らしの多くが心配している生活費。そんな中でとくに出費が多くてコントロールがしにくいのが食費です。あなたは毎月いくら食費に使っていますか?それは周りの人と比べて多いですか?少ないですか?

一人暮らしの人は毎月食費にいくら使っているのか、肉・野菜・お菓子・外食など細かい項目ごとに平均額を紹介します。自分は使い過ぎなのか平均的なのかを知ることができます。

また、年齢・性別・年収ごとに、何にいくら使っているのかを紹介します。ついつい出費してしまうのはどんな物なのかを知ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしの食費、平均いくら?

食費の平均額

統計局が行っている家計調査によると、一人暮らし、34歳以下の人の食費 平均額は約45,000円です。1日あたりにすると1,500円です。これには自炊のための食材費、調理済食品(総菜・弁当・レトルト食品)の購入費、外食費などが含まれています。

食費は、生活費(家賃以外)のなかで約35%を占めています。とても大きな割合です。もし生活費を節約したいと考えているなら、食費の節約を考えるのが効率的だということがわかります。

食費の内訳

それではいったい何にいくら使っているのでしょうか。詳しい内訳を見てみます。そこには節約のヒントがあるかもしれません。

項目金額割合
米・パン・麺類1,900円4.3%
魚介類5,00円1.1%
肉類1,000円2.1%
乳製品・卵700円1.4%
野菜・海藻1,000円2.2%
果物300円0.7%
調味料600円1.4%
菓子2,600円5.6%
調理済食品7,100円15.7%
飲料3,800円8.4%
酒類1,300円3.0%
外食23,700円52.2%

引用元:統計局 家計調査
1世帯当たり1か月間の収入と支出(2015年)
対象:単身世帯、34歳以下

食費のなかで大きな割合となっているのは外食です。食費のうち半分は外食に使っていることがわかりました。友達・会社の人との飲み代の他にも、ファミレス・ファストフードでの食事代も外食費です。これくらい使っているかも・・と思いあたる人がいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしで食費を節約するヒント

さきほど言ったとおり生活費を節約するには食費の節約が必要です。効率的に節約するにはどうしたらよいのでしょうか。年齢・性別・年収の違いをもとに、ついつい使ってしまいがちなの物を解説します。

年齢による食費の違い

項目34歳以下35歳~59歳
米・パン・麺類4.3%5.9%
魚介類1.1%3.9%
肉類2.1%3.6%
乳製品・卵1.4%3.3%
野菜・海藻2.2%6.8%
果物0.7%2.5%
調味料1.4%2.7%
菓子5.6%5.5%
調理済食品15.7%17.0%
飲料8.4%8.8%
酒類3.0%6.2%
外食52.2%33.6%

調味料の出費を比較すると、34歳以下は1.4%となっていて、35歳~59歳の2.7%の約1/2です。調味料の増減は、自炊の増減と大きく関係していると考えられます。つまり34歳以下の若者世代の一人暮らしは自炊が少ない傾向があるのです。これは外食が約1.5倍になっていることからも分かります。

外食の削減は、食費節約の王道です。居酒屋の原価率は約35%だというデータがあります。居酒屋で外食すると、食材費・人件費・光熱費・店舗家賃など原価総額の3倍のお金が必要になるということです。

食材を買って自分で料理をするほうがお金の面ではお得だということが分かります。(もちろん、外食には外食ならではの楽しさがありますけどね!)

男女による食費の違い

項目男性女性
米・パン・麺類4.4%3.9%
魚介類1.0%1.2%
肉類2.0%2.3%
乳製品・卵1.2%1.8%
野菜・海藻1.7%3.2%
果物0.4%1.2%
調味料1.1%1.9%
菓子4.6%7.5%
調理済食品16.8%13.6%
飲料8.8%7.6%
酒類3.6%1.8%
外食51.2%53.9%

こちらでも調味料の出費を比べてみると、女性は男性の約2倍になっています。女性の一人暮らしほうが自炊をする傾向があることが分かります。さらに注目すべきは男性と比べて野菜・海藻、果物の出費がとても多い点です。ヘルシーな料理を作る傾向があるということができます。

女性の食費で気をつけるべきなのはお菓子です。男性の4.6%に比べて7.5%となっています。ヘルシーな料理を好むいっぽうでお菓子も好む傾向があります。健康面で考えてもお菓子の食べ過ぎは良くありません。お菓子をついつい買いすぎてしまわないように気をつけましょう。

男性が気をつけるべきは調理済食品です。自炊をあまりしない男性は、調理済食品を買うことも多いようです。惣菜、弁当、レトルト食品は塩分が濃かったり油が多かったりします。金銭面に加えて健康面についても心配です。少しでも自炊をする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

超簡単な自炊のアイデア

料理は主に食材準備・調理・後片付けの3工程が必要です。それぞれの工程の手間をぐっと軽くする料理として、一人鍋などいかがでしょうか。

カット済み野菜と肉を買えば、包丁を使わずに食材準備ができます。鍋キューブなどを使えば、調理は必要ありません。一人用鍋を買えば、それ以外の食器は必要ありません。

自炊が苦手な人は、まず自炊のハードルを下げるアイデアを考えてみてはいかがでしょうか。

年収による食費の違い

項目年収
300~400万円
年収
600万円以上
米・パン・麺類5.7%4.0%
魚介類3.6%3.1%
肉類3.7%2.5%
乳製品・卵3.3%2.4%
野菜・海藻6.1%4.8%
果物3.0%1.9%
調味料2.6%1.9%
菓子6.2%4.2%
調理済食品17.6%13.5%
飲料8.2%7.3%
酒類4.3%5.4%
外食35.2%48.2%

年収の違いによる食費の違いをみると、外食費が大きく違うことが分かります。年収300~400万円の人は35.2%ですが年収600万円以上の人は48.2%です。年収が高いほど外食をよくする、つまり外食は贅沢なことであるということがデータからわかります。

若者世代でまだお金に余裕がないときは、身の丈にあったペースで外食をすることが大事です。見栄をはって外食ばかりしていたら食費がかかりすぎてしまいます。ここぞというときは良いお店でデートするけれど普段は節約を心がけるなど、メリハリをつけることが必要です。

まとめ

一人暮らしでは食費がいくらかかるのか、どんな物にお金を使いがちなのかを紹介しました。そもそもあなたは毎月いくら食費に使っているかを把握していますか?もし節約をしたいと考えているなら、まずは現状を知ることです。今を知らないと未来は変えられません。

家計簿はめんどうくさいという人はレシートを集めるだけでもいいと思います。1ヶ月分のレシートを貯めて食費の分だけを集計するのです。そうすればだいたいの金額が把握できます。飲み会の出費はレシートが残りませんが、スケジュール帳を見れば何回飲み会があったかを数えられるのでだいたいの金額が計算できます。

まずは現状を把握してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク