東京23区 地震の危険度が高い地域は?災害ごとハザードマップまとめ


災害状況を伝えるアナウンサー

住む場所に関連して気になるのが、その地域が災害に強いのかどうかです。たとえば地震が起きたとき、その地域では被害が大きくなるのか気になります。

政府・各省庁では防災に関する調査結果・データを発表しています。洪水・建物倒壊・火災・土砂崩れ・液状化などさまざまな災害について、東京23区で地域ごとにどのようなリスクがあるのか、整理してまとめて紹介します。

東京23区について、どの地域がどんな災害のリスクがあるのかを知ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な災害の種類

首相官邸のWebページでは地震による被害には、津波を除けば、建物倒壊、火災の発生、土砂崩れ、液状化現象などがあります。とされています。

これを参考にすると、地震が起きたときに心配になる災害は洪水・浸水、建物倒壊、火災、土砂崩れ、液状化であるということができます。これらの災害について、地域ごとのリスクを紹介していきいます。

洪水・浸水

国土交通省がまとめている洪水浸水想定区域を地図上に表すと↓のようになります。(黄色→水色→ピンクになるにしたがって浸水のリスクが高くなっています)

※洪水浸水想定区域とは、河川が氾濫した際に浸水が想定される区域です。


東京23区-洪水浸水マップ
引用元:国土交通省 ハザードマップポータルサイト

東京23区の西側はリスクが低く東側はリスクが高い傾向があります。

江戸川、中川、荒川、隅田川、多摩川などの大きな川が流れていない区はリスクが低くなっています。練馬区、豊島区、文京区、中野区、杉並区、新宿区、世田谷区、目黒区、港区、品川区は洪水・浸水のリスクが低い地域であると言うことができます。

荒川と墨田川が隣接している地域はリスクが高くなっています。特に荒川区や足立区の川近く、北千住・南千住あたりはリスクが高い地域であると言うことができます。

地域ごとに詳しく知りたい場合は東京都 建設局の洪水ハザードマップをご覧ください。区ごとに詳しく見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

建物倒壊

東京都 都市整備局がまとめている地域危険度を地図上に表すと↓のようになります。(黄色→赤になるにしたがって危険度が高くなります)

※地域危険度とは、建物倒壊、火災発生・延焼、避難・消火・救助等の困難さを考慮した危険度です。


東京23区-災害時危険度マップ
引用元:google クライシスレポート

超都心はリスクが低いいっぽう、23区の北東方面はリスクが高い傾向があります。

超都心であり皇居のある千代田区が最もリスクが低くなっています。その他にも港区、渋谷区がリスクが低い区であると言うことができます。

山手線の北東あたりの地域はリスクが高くなっています。足立区、荒川区、墨田区はリスクが高い地域であると言うことができます。

地域ごとに詳しく知りたい場合は東京都 都市整備局の地域危険度マップをご覧ください。区ごとに詳しく見ることができます。

火災

火災のリスクについては、先ほどの地域危険度で考慮されていましたが、さらに詳しく知るには地区内残留地区を知っておくと便利です。

東京都では火災に強い地域として地区内残留地区というのを定めています。

地区内残留地区は、地区の不燃化が進んでおり、万が一火災が発生しても、地区内に大規模な延焼火災の恐れがなく、広域的な避難を要しない区域として、平成25年5月現在で34ヵ所、約100k指定しています。

地区内残留地区を地図上に表すと↓のようになります。(緑色が地区内残留地区です)


東京23区-地区内残留地区
引用元:google クライシスレポート

超都心エリアや湾岸エリアが地区内残留地区となっている傾向があります。

超都心である千代田区は全エリアが地区内残留地区となっています。その他にも中央区、港区、品川区、江東区に地区内残留地区が多くあります。(大田区にも地区内残留地区がありますが、ほぼ羽田空港です。)

地域ごとに詳しく知りたい場合は東京都 都市整備局の地域危険度マップをご覧ください。区ごとに詳しく見ることができます。

土砂崩れ

国土交通省がまとめている土砂災害警戒区域を地図上に表すと↓のようになります。(黄色が警戒区域です)

※土砂災害警戒区域とは、急傾斜地の崩壊、土石流、地すべりの警戒が必要な地域です


東京23区-土砂災害マップ
引用元:国土交通省 ハザードマップポータルサイト

東京23区には土砂災害警戒区域とされている地域はありません。地図の左下で黄色く表示されているのは川崎市です。東京23区はどの区でも土砂災害のリスクが低いと言えます。

地域ごとに詳しく知りたい場合は国土交通省の土砂災害警戒区域データをご覧ください。地域ごとに詳しく見ることができます。

液状化

東京都建設局がまとめている液状化予測を地図上に表すと↓のようになります。(緑→黄色→ピンクになるにしたがって液状化の可能性が高くなります)


東京23区-液状化マップ
引用元:東京都建設局 液状化予測図

東京23区の西側はリスクが低く東側はリスクが高い傾向があります。

湾岸エリアや大きな川が流れているエリアから離れるとリスクが低くなっています。練馬区、豊島区、文京区、杉並区、中野区、新宿区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区は液状化のリスクが低い地域であると言うことができます。

水辺が近いエリアはリスクが高くなっています。足立区、葛飾区、江戸川区、大田区は液状化のリスクが高い地域であると言うことができます。


あなたはいま加入している火災保険でどこまで補償してくれるか知っていますか? 火災保険は火災だけでなくいろいろな災害による損害を補償してくれます。

地震保険には加入していますか? 地震が原因でおきた火災・津波の損害については、火災保険では補償してくれません。火災保険のオプションである地震保険への加入が必要です。

火災保険に不安を感じたのなら あなたに最適な火災保険プランを診断してみてはいかがでしょうか? 災害にあってしまうと家財を失うだけでなく、生活の立て直しでお金がかかります。途方に暮れないためには備えが大切です。診断は60秒、無料で出来ます。補償内容を正しく知る機会にもなります。

あなたに最適な火災保険を無料診断する

まとめ

様々な種類の災害ごとにリスクが高い地域がどこか紹介しました。リスクの高さを知っておくことでしっかりとした災害対策をすることができます。日ごろから備えをしておきましょう。

マンションくらし研究所では東京の街をいろいろな観点で紹介しています。あわせてご覧ください。街の将来の姿や住み心地を想像できるようになります。

あわせて読みたい

家族で安心して暮らせることと同じくらい、お子さんの学力や子育て環境を重視するご家庭もあります。東京の49つの市区別に私立中学校への進学率を紹介しています。小学校の学力の目安を知ることができます。

あわせて読みたい

一人暮らしで住みやすい街、通勤がしやすい穴場エリアも紹介しています。あなたは知らないけど実は快適な一人暮らしができる、そんなエリアが見つかるかもしれません。

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る