共働き、世帯年収平均いくら?貯金・生活費、共働き夫婦の家計事情は?


収入を上げたい、でも給料はあまり上がらない。そんな悩みをいっきに解決してくれるのが「共働き」という生活スタイルです。1人で家計を支えるのではなく2人で支えるので世帯収入がグッと増えることが期待できます。

共働きだと世帯年収はどれくらい増えるのでしょうか?貯金や生活費などライフスタイルはどのように変わるのでしょうか?統計局が実施している家計調査をもとに、日本の共働き世帯の実態を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世帯年収とは

まず世帯年収とは何なのか正しい意味を解説します。

世帯とは

厚生労働省によると世帯とは「住居及び生計を共にする者の集まり又は独立して住居を維持し、若しくは独立して生計を営む単身者」とされています。

分かりやすく言うと「1つの住まい」ということです。家族かどうかに関わらず1つの住まいに住んでいれば同じ世帯ということです。建物ごとに数えるものでもありません。1つのマンションにはたくさんの世帯が入っています。

年収とは

年収とは1年間の収入額のことです。一般的には給与の総支給額・額面のことを言います。それこそが労働によって得た給与収入だからです。その中から税金・社会保険料・控除額を支出しているというわけです。

会社勤めの場合でも、会社以外からの収入があればそれは年収に含まれます。資産運用益や副業による稼ぎなど、1年間で得たすべての収入を合わせたものが年収です。


以上の2つを合わせて、1つの住まいに住んでいる全員の、1年間に得た収入の総額のことを世帯年収と言います。

年代別の世帯年収平均

年収は年齢によって大きく変わります。あなたの世帯年収が平均と比べて多いのか知りたいのなら、あなたと同じ年代と比べないと意味がありません。年代を5歳きざみに分けると、年代ごとの世帯年収平均は↓のようになります。

年齢世帯年収
25歳未満273万円
25~29歳414万円
30~34歳493万円
35~39歳603万円
40~44歳658万円
45~49歳704万円
50~54歳770万円
55~59歳749万円
60~64歳565万円

引用元:統計局 全国消費実態調査

世帯年収が一番増えているのは25歳未満から25~29歳になるタイミングです。140万円も増えています。社会人経験を積んで給料が増えるとともに、結婚して共働きをして2馬力で稼げる人が増えるからだと考えられます。

ピークとなっているのは50~54歳、世帯年収の平均は770万円です。サラリーマン1人の年収平均は400万円と言われています。ピーク時の世帯年収の平均は、その倍近くにもなるということが分かりました。

共働き世帯の割合

最近共働き世帯が増えている。そんなニュースを耳にしたことはないでしょうか?ここ10年くらいの推移を見ると、共働き世帯は右肩上がりに増えています。

2002年には32.9%でしたが、2012年には35.8%となっています。共働き世帯は10年で約10%も増えているのです。リンク先のグラフを見るとまさに右肩上がりで増えていることが分かります。


1世帯あたりの働いている人数を年代別にグラフにしたのが↓です。


有業人数_年齢・時代別

20代・30代で、年代が進むごとに1世帯あたりの働いている人数が増えていることが分かります。つまり共働き世帯が増えているということです。共働きが増えているというのはこの世代のことを言っているのです。

共働き世帯の年収平均

共働きによって期待できる世帯収入アップ。はたしてどれくらい年収が増えるのでしょうか?統計局が実施している家計調査のデータをもとに年収の違いを集計したのが↓の表です。

共働き世帯
以外も含む
共働き世帯
のみ
夫婦だけの世帯519万円714万円+38%
全ての世帯616万円784万円+27%

引用元:家計調査

夫婦2人だけの世帯を見ると、共働き世帯の年収平均は714万円です。全体の年収平均519万円と比較すると約40%多いことが分かります。会社からもらう給料を40%増やすのはかなり大変なことです。しかし共働きにすることによって実現することができます。

子供がいる世帯も含めた全ての世帯で見ると、共働き世帯の年収平均は784万円です。全体の年収平均616万円と比較すると約30%多いことが分かります。子供がいる場合、配偶者がフルタイムで働くのは難しくなります。そのため夫婦2人の場合より年収の上昇幅が少なくなっている考えられます。

共働きをすることによって世帯年収30~40%アップが期待できると分かりました。

貯金

年収が増えると必然的に増えるのが貯金です。共働き世帯の平均貯金額はいくらくらいなのでしょうか?こちらも家計調査のデータをもとに集計します。貯金額は年齢による影響が大きいので年代別にまとめています。

共働き世帯
以外も含む
共働き世帯
のみ
20代206万円307万円+49%
30代451万円387万円-14%
40代610万円487万円-20%
50代1003万円810万円-19%

引用元:家計調査

20代を見ると、共働き世帯の平均貯金額は307万円です。20代全体の平均206万円と比べると約1.5倍になっています。世帯収入が多いので貯金が多いという、とても分かりやすい傾向が見えます。

いっぽう30代以上を見ると、共働き世帯のほうが貯金が少ないことが分かります。世帯年収が多いにもかかわらず貯金が少ないのです。「共働きだから収入が多い。少しくらい贅沢をしてもいいはずだ」という意識から浪費をしてしまっているのかもしれません。

年齢・年収・一人暮らし or 二人以上世帯によって貯金額がどう変わるのかは みんなの貯金額平均(年齢・年収・家族類型別)をご覧ください。あなたと同じライフスタイルの人の貯金額の目安を知ることができます。

生活費

共働き世帯が使ってしまいがちなお金はどんなものなのでしょうか?共働き世帯の生活費を細かく見てみると↓の表になります。生活スタイルが同じような世帯で比較するために、夫婦2人のみの世帯で比較しています。

項目夫婦のみ
世帯全体
夫婦のみ
共働き世帯
食費65,000円67,500円
家賃7,000円15,400円
電気代9,900円8,200円
ガス代5,000円3,900円
水道代4,300円4,000円
家具費9,500円10,400円
被服費9,400円13,300円
医療費14,600円12,300円
交通費5,400円9,800円
自動車費20,400円32,100円
通信費9,500円15,600円
娯楽費27,400円30,300円
雑費22,300円25,000円
交際費30,200円24,400円
合計239,900円272,200円

同じ夫婦2人の世帯ですが、共働き世帯のほうが生活費が高くなっています。世帯全体と比べると約15%高いのです。

食費

生活費の中で大きな割合をしめる食費ですが、共働きでもそうでなくてもあまり金額は変わりません。しかし中身を見てみると大きく異なる項目があります。共働きは外食や調理食品(=お惣菜)が多いのです。世帯全体と比べて、外食は1.7倍、お惣菜は1.1倍になっています。共働きの人で生活費を節約したいのなら自炊が効果的だということが分かります。

家賃

統計データ上、賃貸の人と持ち家の人が合算されて平均を算出されているので金額が少なく見えてしまっていますが、それを考慮しても共働きのほうが家賃が高いです。2人が職場に通いやすい場所となると家賃の高い、利便性の高い地域に住まざるを得ないのかもしれません。

被服費

共働き世帯は、世帯全体と比べて被服費に1.4倍使っています。配偶者も働きにでるのでキチンとした服装をそろえる必要があります。そのため高めになってしまうと考えられます。これは仕事をするための必要経費といえます。しかし「仕事のストレス発散のために服をたくさん買おう!」と考えがちな人は注意が必要です。共働きは収入が多いとはいえ、平均の1.4倍にしか過ぎません。買い過ぎ・浪費には要注意です。

自動車費

共働き世帯は、世帯全体と比べて自動車費に1.6倍使っています。自動車も、被服と同じように浪費をしてしまいがちな費用です。共働きだからといって見栄を張って必要以上に高い車を買ってしまう人もいるかもしれません。自分にとって必要なことが何かを冷静に考えて車を選びましょう。

通信費

共働き世帯は、世帯全体と比べて通信費に1.6倍使っています。通信費とは主に携帯電話代です。夫婦2人が大手キャリアのスマホを持っているとこれくらいの金額になるでしょう。通信費を節約したい場合は格安スマホに変えるという選択肢もあります。節約したい人は検討してみるとよいでしょう。


共働きの増加とともに話題になっている家事代行、気になっている人も多いでしょう。費用はかかりますが、家事負担が減るのでエネルギーを仕事に集中させることができます。

興味はあるけど定期的に利用するほどは困ってないし・・そんな人はお試しコースを体験するとよいでしょう。あなたの生活がどんなに快適になるのか、体験しないと実感できません。プロの家事クオリティにお金を払う価値があるのか、気になる人は試してみましょう。

家事代行 お試しコースを体験する


貯金したい!節約したい!そんな人にお得な会員制の優待割引サービスをご存知ですか? 月額たったの324円で全国120万件以上の優待割引サービスを使えるようになります。

ネイルサロン、映画、グルメ、、月に1度使えば余裕で元がとれるほどお得な優待がたくさんあります。カップルや家族で使えばさらに何倍もお得です。あなたがよく使う店もじつは割引があるかもしれません。試してみてはいかがでしょうか?

優待割引サービスを利用する

優待サービス例
ネイルサロン施術料金20%OFF
映画一人あたり500円OFF
グルメコース料金50%OFF

まとめ

共働き世帯は全体平均と比べて年収が30~40%も高いいっぽう貯金しにくい傾向があることが分かりました。収入が多いからといって油断は禁物です。あなたにとって本当に必要なものはなにか見極めることが大切です。

貯金を増やすにはお金に関する正しい知識を身につけることが大切です。独学で始めるよりプロから正しい知識を学んだほうがしっかりと基礎を身につけられるでしょう。お金の勉強をしっかりできる無料マネーセミナーの選び方も合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

トップへ戻る