東京の住みやすい街まとめ|今のあなたにとって住みやすい街はここ

東京で住みやすい街はどこなのでしょうか。一人暮らし、子育て世代、老後、住みやすい街の条件は人それぞれです。ライフスタイル・ライフステージごとに住みやすい街を解説している記事を紹介します。

総合ランキング

「住みたい街」と「住みやすい街」は違います。住みたい街は理想やイメージによって選ばれた街です。実際に訪れてみたら理想と違った、住んでみたらイメージ通りの生活ができなかった、そんな現実は考慮されていません。

マンションくらし研究所では実際にその街で生活している人のリアルなデータをもとに住みやすい街を解説しています。多くの人が引っ越してきて住み着いてしまう、そんな魅力あふれる住みやすい街をランキングしています。

一人暮らし

自由で楽しい生活と家賃とのバランスが気になるのが一人暮らしです。なるべく都心に住みたいけど家賃の高さが悩ましい、、そんな東京の一人暮らしで多くの人から選ばれている、一人暮らしで住みやすい街を解説しています。


おしゃれを気にする人や女性なら、表参道や恵比寿など華やかなイメージの街に住みたいと一度は考えるでしょう。そんな街に近いけど家賃はお手頃、そんな街はどこか紹介しています。

会社勤め

東京は電車が混むので通勤ラッシュが大変です。通勤は毎日ずっと続いていくもの、少しでも楽に通勤できる街に住みたいです。電車1本で楽に通えるけど家賃が安い穴場の街はどこか、通勤先の駅別に解説しています。

子育て世帯

自分のことだけでなく家族や子供との暮らしが気になるのが子育て世帯です。自治体の支援制度、生活環境、生活費や物価、子育てのしやすさを考えて引っ越す人もいます。そんな子育て世帯に選ばれている街はどこか解説しています。


子育て世帯の住みやすい街を語るときに関心が高まるのが保育所の待機児童問題です。保育所を利用したいけど利用できない、そんな深刻な状況になってしまう確率が高い街はどこか解説しています。


家族と安心して穏やかな暮らしを送るために知っておきたいのがその街の治安です。特に気をつけるべきは身の危険があるような凶悪事件です。そんな凶悪事件の件数をもとに、東京23区を77地域に細かく分けて治安を解説しています。

老後

ライフステージによって住みやすい街は変わります。老後に住む街として多くの人から選ばれている、老後に住みやすい街を解説しています。郊外型と都会型、大きく分けて2パターンに分かれています。

トップへ戻る