貯金がないのはなぜ?年収が同じでも貯金額に差が出る要因とは?


お金のことを考えるときに気になるのが貯金です。みんなどれくらい貯金があるのか気になりますよね?お金を貯めやすい一番の要因は収入です。でも年収が同じくらいの人であっても貯金額に差がでます。貯金できない人とできる人、違いはいったい何なのでしょうか?

貯金がない人・ある人の生活費を比べて、どこで差がついているのか要因を探っていきます。統計データを元にした調査です。リアルな現実を知ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

貯金がない人・ある人の違い

総務省 統計局がまとめている家計調査では、年収別・貯金額別に生活費内訳を調査しています。このデータから、貯金がない人とある人とではどのような違いがあるのか調査します。調査対象は20代・30代の一般的な水準である年収300~500万円の人たちとします。

世帯人数

生活費を比べる前にまず世帯人数を比較します。世帯人数が違えば貯金のしやすさも違ってくるからです。貯金額ごとの世帯人数は↓のようになっています。

貯金額0~
300万円
300~
600万円
600~
1000万円
世帯人数3.403.263.11
18歳未満人数1.111.060.80

引用元:家計調査(貯蓄・負債編)

貯金が少ない人は1世帯あたりの人数が多い傾向があります。18歳未満の子供の数でも同じです。このことから世帯人数が多いと貯金をしにくいと言えます。養う家族が多いと生活費が高くなりお金を貯めにくくなるためと考えられます。

とはいえ世帯人数はそれほど大きな要因ではありません。貯金が少ない人と多い人とで世帯人数は約0.3人、10%しか違いません。世帯人数が少ししか違わないのに貯金額は大きく違っています。お金を貯めるコツは他のところにありそうです。

収入

続いて世帯収入(月収)の比較です。収入が同じくらいの人のデータとはいえ、年収300~500万円と幅があります。関係があるのか念のため調査します。

貯金額0~
300万円
300~
600万円
600~
1000万円
世帯主の収入27.6万円29.7万円27.3万円
配偶者の収入3.3万円2.9万円3.0万円

引用元:家計調査(貯蓄・負債編)

収入は大きく分けて世帯主の収入と配偶者の収入があります。世帯主の収入とは、多くの場合は旦那さんの稼ぎです。年収が同じくらいの人たちなので当然ながら月収も同じくらいになっています。

配偶者の収入は、主に奥さんの稼ぎです。共働きやパートの収入です。これについても大きな差はありません。年収が同じくらいの人であれば旦那さん・奥さんが稼ぐ額は同じくらいだということが分かります。

このことから、年収が同じくらいの水準であれば貯金の多さと月収の多さとは関係が無いということが分かります。

支出

続いて支出の比較です。生活費の支出で特に多いのは食費と住居費です。この2つについて調査していきます。

食費

貯金額0~
300万円
300~
600万円
600~
1000万円
食費5.7万円6.1万円6.2万円
1人あたりの
食費
1.7万円1.9万円2.0万円

引用元:家計調査(貯蓄・負債編)

食費を比較すると、貯金が少ない人ほど安い傾向があると分かります。食費は生活費の中で大きな割合を占めるものです。しかしながら食費が安い=貯金をしやすいライフスタイルだとは言えないようです。

1人あたりの食費を算出してみると差はさらに広がります。貯金が少ない人は1ヶ月1人1.7万円なのに対して、貯金が多い人は2万円 約20%も多いです。しっかりとお金を貯めることができている人は食費を無理に削ったりはしないようです。

住居費

貯金額0~
300万円
300~
600万円
600~
1000万円
持家率53.9%67.4%74.2%
住居費4.9万円4.4万円4.2万円

引用元:家計調査(貯蓄・負債編)

まず持ち家率を見てみます。

貯金額によって持家率が大きく違うことが分かります。貯金が0~300万円と少ない人は約54%ですが、600~1,000万円と多い人は約74%、1.4倍もの違いがあります。これまでの比較では見られなかったような大きな差です。お金を貯めるコツやヒントはどうやらここにありそうです。

続いて住居費(賃貸・住宅ローンの支払額)を見てみます。

貯金が少ない人ほど住居にかけるお金が多いことが分かります。貯金が多い人の4.2万円と比べると4.9万円、毎月7千円も高くなっています。年間にすると8万円以上も住居費が高くつくということです。


ではどんな広さの家に住んでいるのでしょうか。家の広さを比較したのが↓の表です。

貯金額0~
300万円
300~
600万円
600~
1000万円
持家36.9畳31.5畳29.4畳
賃貸21.4畳21.6畳18.4畳

引用元:家計調査(貯蓄・負債編)

貯金が少ない人ほど広い家に住んでいることが分かります。世帯人数に多少の違いがあるものの、その差を上回るくらい大きな差がでています。住居費は部屋の広さに大きな影響を受けます。貯金が少ない人と多い人との差はここにあると言えます。

貯金の多い人は住居にあまりお金をかけず、狭い家でもうまくやりくりして生活費を抑えていると読み取れます。年収が同じだとしても貯金額に差が出る要因は住居費だと分かりました。

住居費は生活費のなかでとても大きな割合を占めるものです。しかも一度そこに住んだら、毎月同じ家賃やローンを支払い続けます。その金額をいくらにするかによって毎月の収支が大きく変わってきます。無理に広い家に住まずに、身の丈に合った広さ・住居費の家に住むことが、うまくお金を貯める方法であるといえるでしょう。

まとめ

貯金がない人・ある人の生活費を比べてみたら、貯金額に差が出る大きな要因は住居費だということが分かりました。

お金が自然と貯まる生活スタイルを手に入れるのに必要なのがお金の知識です。お金のことは学校では教えてくれませんでした。でも世の中には無料で教えてくれるセミナーもあります。

気になる方は無料マネーセミナーの選び方をご覧ください。あなたの身になるお金の知識、無料だけどしっかり学べるのはどんなものか選び方を知ることができます。

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る