マンション売却の流れ・成功のコツ・注意点まとめ|資産価値を最大にする方法

シェアする

記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

マンションの売却で役に立つ知識を紹介していきます。マンションを高く売るポイント、頼りになる不動産会社、マンションの資産価値動向など、あなたの資産価値を最大化するためのヒントが見つかります。

マンション売却の流れ・査定方法

マンションを売却するには、まず何円で売り出すのか査定する必要があります。

査定で評価される主なポイントは↓です。評価方法を知れば、あなたのマンションの価値をより高く評価してもらうコツが分かります。

  • ・基本情報
  • 経過年数
  • ・交通の便
  • 徒歩圏/バス圏
  • ・立地条件
  • 周辺環境
  • 店舗への距離
  • 公共施設利用の利便性
  • ・住戸位置
  • 所在階
  • 開口部の方位
  • 日照・通風の良否
  • ・専有部分
  • 室内の維持管理状況
  • 柱・梁・天井の状況
  • 住戸のゆとり
  • 専用庭またはテラスの有無
  • 外からの騒音・振動
  • 眺望・景観
  • バリアフリー対応状況


売却査定はどんな流れで進めていくのか・あなたが決めるべき事はなにかとあわせて解説しています。詳しくは↓をご覧ください。


マンションの売却査定はネットで申し込むと便利です。査定サイトは大きく分けて4パターン、それぞれのメリット・デメリットは↓です。


1)一括査定サイトで査定する

メリットきちんとした査定結果が手に入る
何社かの査定が手に入る
査定申込みが一度だけでよい
デメリット何社かを一度に対応する必要がある


2)不動産仲介業者で査定する

メリットきちんとした査定結果が手に入る
頼みたい不動産仲介業者にだけ査定依頼できる
デメリット不動産仲介業者ごとに査定申込みする必要がある


3)マンション名から相場を調べる

メリット名前・住所・詳細情報の入力が必要ない
将来、相場を知った上で査定にのぞめる
デメリット売却のためには改めて査定が必要になる
実際の査定額と差が大きい可能性がある


4)ポータルサイトで査定する

メリットきちんとした査定結果が手に入る
査定申込みが一度だけでよい
デメリットどの不動産仲介業者に依頼するか、たくさんの候補から自分で選ぶ必要がある


売却の本気度・労力のかけかたによって使うべきサイトは違います。あなたにとってベストなサイトはどれか、詳しくは↓をご覧ください。

スポンサーリンク

マンション売却にかかる期間

マンションを売却するには時間がかかります。目安としてよく言われるのは3ヶ月です。

売却期間が長くなるほど、初めの売出価格から値下げせざるを得ない状況になります。売出価格と成約価格の関係が期間によってどう変化するかグラフにしたのが↓です。

詳しくは↓をご覧ください。マンション売却の戦略を考えるヒントが手に入ります。

マンション売却で頼るべき不動産会社

あなたのマンションを査定したり、買い手を探して売却の仲介をしたりしてくれる不動産会社。どこを頼ればいいのか、どうやって選べばいいのか迷いますよね?

およそ5000人のマンション売却経験者のクチコミをもとに、満足度ランキングの推移をグラフにしたのが↓です。

不動産仲介業者ランキング_マンション売却_総合

売却価格・接客力・接客力、実際にその不動産屋で売却した人の体験談や評価は、これからあなたが体験することでもあります。詳しくは↓をご覧ください。


不動産会社を決めるときその会社の実績も気になります。高額な取引をすることになる不動産売買。安心して任せられる会社なのか判断する目安になるからです。

大手不動産会社の取扱高が多いランキング トップ10は↓です。

取扱高
(億円)
仲介件数
(千件)
手数料収入
(億円)
店舗数
三井不動産リアルティ
ネットワーク
1482138.6774278
住友不動産販売1193036.1612260
東急リバブル1100423.3519168
野村不動産グループ74518.330378
センチュリー21グループ698227.3330921
三井住友トラスト不動産45097.419072
三菱UFJ不動産販売42695.617443
みずほ不動産販売33524.214145
三菱地所リアル
エステートサービス
30891.3929
大京グループ17226.88270


大手と一言でいっても、デベロッパー系・銀行系・鉄道系さまざまな不動産仲介業者があります。詳しくは↓をご覧ください。

マンション売却でかかる手数料・税金

マンションを売却するにはさまざまな手数料がかかります。

マンションの取得価格:4000万円、売却価格:3000万円でざっくりシミュレーションした場合、手数料の相場は↓です。

手数料
仲介手数料105.6万円
印紙税1万円
司法書士2万~3万円
住宅ローンの繰上返済1~3万円
ハウスクリーニング5~10万円
不用品の処分量による
引越し量・距離・時期による


マンション売却では戻ってくる費用もあります。詳しくは↓をご覧ください。


売却で利益が出た場合は税金がかかります。損をした場合でも控除を利用すれば税金が戻ってきます。その基準となるのが譲渡所得の額です。計算式は↓です。

譲渡所得 = 売却額 - 売却費用 - (取得額 + 取得費用)

払うべき税金の額・税率は↓のパターンによって決まります。

マンション取得からの年数譲渡所得税
5年以下の場合譲渡所得 × 39%
(所得税30% + 住民税9%)
5年を超える場合譲渡所得 × 20%
(所得税15% + 住民税5%)
10年を超える場合
(6000万円以下の部分)
譲渡所得 × 14%
(所得税10% + 住民税4%)


税金が想定外の出費とならないように、また戻ってくるお金をしっかりもらえるように、正しい知識を知っておきましょう。詳しくは↓をご覧ください。

マンション売却で知っておきたい売買相場

あなたのマンションの売却額は妥当な金額なのか、将来を見据えたとき今は売り時なのか、実態を知っておくことで後悔の無い決断ができます。

マンションの価値は立地・どの街にあるかが重要なポイントです。マンションの築年数が1年増えるごとに〇万円価値が下がっていく、その平均額は街によって変わります。例えば豊洲のマンションは毎年65万円くらい価値が下がっていきます。

マンション売出価格推移_豊洲

他の街はどうなのでしょうか? 詳しくは↓をご覧ください。


マンションの買い手は住宅ローンを組んで購入するケースが多いです。なのでマンション売買の相場や動向を知るには、マンションの価格相場と金利の動向を知っておく必要があります。

いまの日本は超低金利ともいわれ住宅ローンの金利も下がっています。昔と比べると金利の支払いで消えていく部分が少なくなっています。

マンション価値と金利支払い分の推移

マンション価格と住宅ローン金利がどう動いているのか、詳しくは↓をご覧ください。相場が動いている方向が分かるので、将来のプランを考えるうえで参考になります。

マンション売却 住み替えている人の現実

マンションを売却して新たな家に住み替えるのは大きな決断です。みんなが住み替えているのは↓のようなライフステージの変化があったときです。

住み替え・リフォーム状況(ライフステージ)

住み替えにはお金もかかります。マンションへの住み替え、一戸建てへの住み替え、平均何万円くらいかかるのでしょうか? 詳しくは↓をご覧ください。住み替えのリアルな現実を知ることができます。

スポンサーリンク
記事タイトルとURLをコピーする
この端末は対応していません
↓をコピーしてください

シェアする

こんな記事も読まれています

 
トップへ戻る